日刊サイゾー トップ > 芸能  > 娘の映画に奥田瑛二が仕込んだ?

実娘が監督・主演の映画『0.5ミリ』に、父・奥田瑛二が“仕込んだ”シロモノとは?

05miri.jpg映画『0.5ミリ』公式サイトより

 安藤桃子監督が、妹で女優の安藤サクラと初タッグを組んだ作品『0.5ミリ』が、第39回報知映画賞の作品賞を受賞した。

「この作品は、エグゼクティブプロデューサーに父・奥田瑛二、フードスタイリストに母・安藤和津、共演に妹の義父母にあたる柄本明&角替和枝と、ファミリー総出の作品となっています。これだけファミリー色が映画は、これまでにないですね」(映画関係者)


 ほかには津川雅彦や坂田利夫、東出昌大、浅田美代子らが出演しているが、これらの出演者もすべて“家族”で決めたのだという。

「まあ、原作が桃子監督の小説ですから、当然、キャスティングには彼女の意向が強く反映されるのですが、まだ監督2作目の作品ですからね。そういった意味では、映画業界では奥田さんや安藤さんが“先輩”になるので、いろいろと意見を聞いていたんじゃないでしょうか。実際、“エグゼクティブプロデューサー”である奥田さんの意向が働いたんじゃないかってシーンもありますからね」(芸能事務所関係者)

 そのシーンというのが、主人公が映画館で映画を見るシーンだという。

「そこで流れている映画というのが、奥田さんが2001年に初めて監督を務めた『少女』という作品なんです。最初見たときはビックリしましたが、奥田さんらしく、抜かりないですよね。この『0.5ミリ』は、これから数々の映画賞を総ナメにするんじゃないかってくらい評判です。もしかすると、この『少女』にもスポットライトが当たるかもしれませんね」(同)

 賞レースが楽しみだ。

最終更新:2014/12/22 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

実娘が監督・主演の映画『0.5ミリ』に、父・奥田瑛二が“仕込んだ”シロモノとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

安藤桃子監督が、妹で女優の安藤サクラと初タッグを組んだ作品『0.5ミリ』が、第39回報知...
写真