日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 観月連ドラ史上最低6.5%発進

『ナースのお仕事』超えられない観月ありさの苦悩……『出入禁止の女』は“史上最低”6.5%発進

 だが一方で、昨年10月に2夜連続で放送されたスペシャルドラマ『ナースのお仕事 離島編』(フジテレビ系)は、14.3%と健闘している。

「社会派要素の強い『出入禁止の女』では、硬派な女性を颯爽と演じている観月ですが、関係者からは『“ナースのお仕事”を超えられない……』と悩ましい声も。さらに昨年、『ナースのお仕事』が12年ぶりに復活し、観月のコメディエンヌぶりへの評価が再燃。そのせいもあり、シリアスな役への視聴者の食いつきの悪さが目立ちます。またここ最近、視聴率への意識が低いことで知られる、NHKの地味なドラマ枠で主演することも増えている。ギネス記録更新も、いよいよ危うそうです」(芸能プロ関係者)

 近年、なかなかヒット作に恵まれない観月。「賞味期限切れ」と言われぬ前に、主演女優としての存在感を見せつけたいところだが。

最終更新:2015/01/16 16:00
12
こんな記事も読まれています

『ナースのお仕事』超えられない観月ありさの苦悩……『出入禁止の女』は“史上最低”6.5%発進のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

観月ありさ(38)主演『出入禁止の女~事件記者クロガネ~』(テレビ朝日系/木曜19時58...
写真