日刊サイゾー トップ > スポーツ  > アギーレ続投、本当に大丈夫?

解任ムードから一転……アギーレ続投を明言したJFA会長の“不確かな”判断能力

JavierAguirre0127.jpg

 PK戦の末、UAEに敗戦を喫し、1996年大会以来となるAFCアジアカップ準々決勝での敗退となったサッカー日本代表。その数日前には、日本サッカー協会(JFA)の大仁邦弥会長が、ハビエル・アギーレ監督の八百長疑惑に関し、進退問題に含みを持たせた会見を行っていた。そのため、アギーレ監督の続投は、アジアカップベスト4以上が最低条件だと報じられていた。


 だが、敗退直後、大仁会長は報道陣の「続投ですか?」という問いに、「そうです。十分やってくれている」と答えたというから驚きだ。もちろん、「八百長疑惑=解任」という図式はない。では、なぜ進退問題に含みを持たせた会見を行ったのか? サッカー関係者に話を聞くと、「大仁さんらしい。監督の良し悪しを、そこまで分かっていませんから」という返答が返ってきた。

 というのも、大仁会長には、苦い過去があるからだ。95年当時、日本代表は加茂周監督が率いていたが、加藤久強化委員長は「加茂さんでは、フランスW杯には出場できない。95年にヴェルディ川崎を優勝させたネルシーニョ監督(11年にも柏レイソルを優勝に導く)に交代すべき」とレポートをまとめ、解任に動いた。

 しかし、これをJFA上層部は受け入れず、強化委員たちは辞任。代わりに強化委員長に就任したのが、大仁会長である。

 迎えた翌96年のアジアカップ。加茂監督率いる日本代表は、いいところなく準々決勝にて敗退したが、加茂監督は解任されず。結果、フランスW杯アジア予選では大苦戦し、予選まっ最中に加茂監督を更迭するという混乱が起きた。その中心にいたのが大仁会長で、サッカー関係者たちは、裏で大仁会長を「決断力のない人物」と酷評する。

「今回、大仁さんがブレたのは、視聴率だと思いますよ。当初は不人気だったアギーレ監督ですが、UAE戦の視聴率は20%超え。瞬間最高視聴率は35%だったそうじゃないですか。さらに、選手たちもアギーレ監督についていっている。そんな中で、大仁さんがアギーレ監督を切れるワケがない」(同)

 今回は視聴率に救われたアギーレ監督だが、試合で結果を出せなければ、いつ解任されてもおかしくない状況であることは変わらない。くれぐれもJFAには、フランスW杯の二の舞いを踏まないでほしいものだ。
(文=TV Journal編集部)

最終更新:2015/01/27 14:15

解任ムードから一転……アギーレ続投を明言したJFA会長の“不確かな”判断能力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

PK戦の末、UAEに敗戦を喫し、1996年大会以来となるAFCアジアカップ準々決勝での敗...
写真