日刊サイゾー トップ > 芸能  > 岡田斗司夫のは「小さくて細い」

“レコーディング・セックス”岡田斗司夫氏が退院も、止まらぬ暴露合戦「小さくて細いので処女向き」

okadatoshio0106waku.jpgTwitterより

 “愛人セックスリスト流出騒動”以降、入院していたプロデューサーの岡田斗司夫氏(56)が30日、Twitterで「退院しました! 外食するぞ! まずは松屋の『カレ牛』だ!」と報告した。


 事の発端は、昨年大みそか。岡田氏の元愛人がネット上にキス写真を流出させ、騒ぎに。岡田氏は「当たり前ですけどニセ写真です」と一度は否定したが、女性が交際の証拠を次々と流出させたため、今月9日に本人が本物と認める動画を投稿。同時に、現在愛人が9人いることや、過去に「80股をしていた」などと告白した。

 さらに17日、何者かによって、岡田氏が記していた“裏セックス名簿”がTwitter上に流出。そこには、岡田氏が客員教授を務める大阪芸大の学生や、人気エッセイストの実名が記されており、それぞれ「巨乳度」「SEX好き度」「便利度」等のランク付けがされていた。

 岡田氏は、この記録について20日、自身が書いたものだと認めた上で、「ほとんどは私が、仕事で会っただけの女性に対する妄想を書いたものです」と釈明。この翌日、公式ブログ上で緊急入院したことを発表した。

「岡田氏は来月1日、退院早々にもかかわらずニコ生に出演。入院していた精神科の閉鎖病棟の話や、自身が薬物依存になった話などをするようです。これまで、自身の良いことも悪いこともネタにしてきた岡田氏ですが、今回、実名を出された多くの女性に大迷惑をかけておきながら、早くも有料動画で入院をネタにするとは……。彼の行動は、到底理解しがたいですね」(カルチャー系ライター)

 また、29日発売の「週刊新潮」(新潮社)では、岡田氏が1年ほど前まで従事していた“セックス・ボランティア”について、代表者のキム・ミョンガン氏が彼の奉仕ぶりを暴露。岡田氏は、女性の容姿や病歴も一切不問というストライクゾーンの広さを見せていたといい、自ら「小さくて細いので処女向き」と語る彼を、キム氏は40~50人の処女に紹介したそうだ。

「キム氏によれば、流出したセックス名簿には、セックス・ボランティアで紹介した女性の名前も入っていたとか。2007年に、自ら考案したダイエット法“レコーディング・ダイエット”について記した本『いつまでもデブと思うなよ』(同)がベストセラーとなった岡田氏ですが、どうやら彼は、なんでもかんでも記録に残そうとする“レコーディング男”のようです」(同)

 キス写真流出から始まり、ナニの細さまで公になってしまった岡田氏。退院後の彼は、ニコ生で何を語るのだろうか?

最終更新:2015/02/02 11:32

“レコーディング・セックス”岡田斗司夫氏が退院も、止まらぬ暴露合戦「小さくて細いので処女向き」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

Netflix『アイ・アム・ア・キラー』

 Netflixはまるで人生のようだ。『テラ...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

“愛人セックスリスト流出騒動”以降、入院していたプロデューサーの岡田斗司夫氏(56)が3...
写真