日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 井上真央、女優生命の危機!?

井上真央『花燃ゆ』視聴率1ケタ転落に“史上最速”ペース……女優生命の危機へ!?

hanamoyu0113.JPGNHK『花燃ゆ』公式サイトより

 NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の視聴者離れが止まらない。

 初回平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、大河史上最低レベルでスタートした同作。1日放送の第5話では、過去最低の12.8%まで落ち込んだ。


「大コケといわれる2012年の『平清盛』でさえ、第5話でまだ16.0%を保っていましたから、『花燃ゆ』の前代未聞の低迷ぶりがうかがえます。ちなみに、『平清盛』の最低視聴率は、8月放送分の7.8%。今回、開始1カ月でこの落ち込みようですから、1ケタ突入は避けられないでしょう」(芸能ライター)

 この由々しき事態で早くも心配されているのが、主人公・文を演じる井上真央の女優生命だ。

「『平清盛』で主演を務めた松山ケンイチは、すっかり“低視聴率俳優”のレッテルを張られ、その後、明らかに失速。かつて『セクシーボイスアンドロボ』『銭ゲバ』(共に日本テレビ系)と、連ドラ主演が続いていた彼ですが、『平清盛』後の連ドラ出演はゼロ。ここ数年で、テレビはスペシャルドラマに3本出演したのみです。そのため、芸能関係者から『大河のせいで、井上の商品価値が下がってしまうのでは?』と、心配する声が上がっています」(同)

 また、2011年に『江~姫たちの戦国~』で主演を務めた上野樹里も、大河への出演を境にCMを次々と降板。3年にわたり表舞台から遠ざかってしまった。『江』は、上野に6~7歳の幼少期を演じさせるなどの極端な演出に悪評が立ったほか、視聴率も右肩下がり。これを、ナイーブな性格の上野が、気にしてしまったといわれている。

「1年間続く大河は、主演俳優の精神的疲労がハンパないといわれている。また、視聴者の受信料から、巨額の制作費を割り当てている手前、『失敗が許されない』というプレッシャーも圧し掛かるようです。そんな中、視聴率低迷の知らせが耳に入れば、主演俳優が責任を感じてしまうのは当然。大河の結果次第では、立ち直れないかもしれません」(同)

 豪華俳優陣をそろえながら、ついに民放の連ドラに視聴率で抜かれてしまった『花燃ゆ』。井上にもこの先、「低視聴率女優」のレッテルが貼られてしまうのだろうか?

最終更新:2015/02/02 23:00

井上真央『花燃ゆ』視聴率1ケタ転落に“史上最速”ペース……女優生命の危機へ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

永尾まりや、続・グラビア宣言

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』の視聴者離れが止まらない。 初回平均視聴率16.7%(ビデオリ...
写真