日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小向美奈子逮捕は覚せい剤“売人”?

小向美奈子が覚せい剤でまた逮捕!「彼女から購入を持ち掛けられた」人物の存在も!?

komukaiminako0206.jpg

 元アイドルでAV女優の小向美奈子(29)が、また逮捕された。2月6日の朝、関東信越厚生局麻薬取締部が自宅マンションを家宅捜査。覚せい剤約0.1グラムが見つかり、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された。吸引器具も発見されており、使用の疑いも浮上している。

 小向容疑者は過去に2度の逮捕歴がある。精神的不安定、音信不通など素行不良を理由に所属事務所を解雇された翌年の2009年1月に覚せい剤所持で逮捕された際は、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

 その後、ストリッパーに転身も、11年2月に覚せい剤の譲り受け容疑で再び逮捕された。こちらは証拠不十分で不起訴となり、今度はAV女優として再デビュー。第1作は20万本を売り上げる大ヒットとなり、続々と作品を出し続け、かなりハードなプレイも披露していた。

 昨年、アダルトビデオの売り上げを競う『AV OPEN 2014』では1位を受賞。今月13日にも、『夫の目の前で犯されて──哀しみを背負った夫婦』(ムーディーズ)が発売予定だった。

 小向容疑者は前回、不起訴になった逮捕について「薬物で逮捕された友人のイラン人に連絡を取っていただけ」と容疑を否認していた。最近のインタビューでも、麻薬による逮捕でリハビリ施設に入ったASKAのことを「捕まったらぺらぺら警察にしゃべって、今はダルク(リハビリ施設)でしょ。なんていうか……超ダサイ」と批判、ドラッグをやめるには「ダルクよりも人間関係が大事」などと話していた。

 しかし、小向容疑者と付き合いのある関係者の間では「ときどき言動がおかしく、妙にテンションの上下が激しい。連絡が途絶えることもよくある」という声が聞かれたり、「小向に連絡すれば麻薬が手に入ると物騒な話す連中がいる」と話すアウトロー筋の人間がいるなど、よくないウワサがささやかれていた。

 麻薬事件に詳しい日刊紙の社会記者によると「今回、麻取が家宅捜査に踏み切ったのは、入手ルートから名前が挙がったわけではなかった」という。

12

小向美奈子が覚せい剤でまた逮捕!「彼女から購入を持ち掛けられた」人物の存在も!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

元アイドルでAV女優の小向美奈子(29)が、また逮捕された。2月6日の朝、関東信越厚生局...
写真