日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 意外!西島秀俊はヒット作ゼロ?

西島秀俊は意外にも「ヒット作ゼロ」!?『流星ワゴン』も低迷中で、年内フェードアウトか

ryuusei0216.JPGTBS『流星ワゴン』公式サイトより

 「抱かれたい男」ランキングで1位に輝くなど、昨年、爆発的なブームとなった俳優・西島秀俊。しかし、このところ主演ドラマの不振が続いている。

 昨年4月クールで放送された『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』(TBS系)は、巨額の宣伝費をかけながらも、全話平均視聴率11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と期待外れ。さらに、同年10月クールで放送された『MOZU Season2 ~幻の翼~』(同)も、最低視聴率4.6%と撃沈。『Season2』は、ひと足先にWOWOWで放送していたとはいえ、あまりの低視聴率に同局も大慌てだったという。

 また、豪華キャストをそろえて放送中の『流星ワゴン』(同)も、最新話で8.3%と過去最低を記録。このままでは、全話平均で1ケタ台に突入する可能性も高そうだ。

「『流星ワゴン』は、放送前から大がかりな宣伝を打った上、制作費も通常より高額。関係者は早くも『西島人気に頼りすぎた……』と頭を抱えているとか。さらに、犬の虐待シーンに批判が殺到したり、前クールで放送されたバカリズム脚本の『素敵な選TAXI』(フジテレビ系)の“パクリ”などと揶揄され、反響もイマイチ。これ以上、1ケタが続くようなら、脚本のテコ入れもありそう」(テレビ誌記者)

 実力を評価されながらも、なかなか視聴率に恵まれない西島だが、今年は主演映画『劇場版 MOZU』が公開予定。スタッフも、超大物ゲストをキャスティングするなど、ドラマの汚名返上に躍起だ。

「特に熟年女性から熱い支持を集める西島ですが、民放連ドラ初主演の『僕とスターの99日』(フジテレビ系/2011年)を含め、意外にもヒット作はゼロ。もし主演映画までコケた場合、業界内で『潜在視聴率が低い』と判断され、CMをはじめとするメディア露出はおのずと減ってしまう。この先、“主演俳優”として長く居座れるかどうかは、今年が正念場といえそう」(同)

 『MOZU』の役作りのために激しいトレーニングを重ねるなど、役者としての真摯な姿勢が評価されている西島。この先、ヒット作ゼロのまま、フェードアウトしてしまうのだろうか?

最終更新:2015/02/16 23:00
こんな記事も読まれています

西島秀俊は意外にも「ヒット作ゼロ」!?『流星ワゴン』も低迷中で、年内フェードアウトかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

「抱かれたい男」ランキングで1位に輝くなど、昨年、爆発的なブームとなった俳優・西島秀俊。...
写真