日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 大島優子が杏『デート』に勝利

元AKB48・大島優子ヒロインの『銭の戦争』が“視聴率女王”杏『デート』に逆転勝利、フジ起用女優の明暗

ooshima0115.jpg

 17日放送の草なぎ剛主演ドラマ『銭の戦争』(フジテレビ系)の第7話が、平均視聴率14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、過去最高を記録したことが分かった。


 原作は、2007年に韓国で連ドラ化もされた同名コミックス。舞台を東京に置き換え、エリート証券マンから一転、金、職、婚約者とすべてを失った主人公が復讐に燃え、這い上がっていく姿を描く。キャストは草なぎのほか、元AKB48・大島優子、木村文乃、渡部篤郎など。一時は平均視聴率11.9%まで落ち込んだものの、最新話で巻き返しを果たした。

「放送前、ネット上では『ヒロインが大島で大丈夫かよ』という声が殺到していたが、始まってみると『意外といい』『演技できてるじゃん』『“元AKB48”というだけで、偏見持ってた。ごめん』という声が目立つように。同作で、草なぎの演技力が再評価されていると同時に、大島にとっても“脱アイドル”に一歩近づいたといえそう」(テレビ誌記者)

 一方、同局で放送中の杏主演の“月9”『デート~恋とはどんなものかしら~』が、関係者の期待を裏切る結果となっている。

 同作は、杏と長谷川博己が“恋愛力ゼロ”の男女を演じる恋愛コメディ。『鈴木先生』(テレビ東京系)や『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)など、数々の名作を生み出した古沢良太氏によるオリジナル脚本ということもあり、放送前から話題となっていた。

 しかし、初回こそ14.8%と、放送中の民放連ドラでトップを記録したが、第3話で11.0%まで低迷。『銭の戦争』や『○○妻』(日本テレビ系)、『DOCTORS3 最強の名医』(テレビ朝日系)に次々と抜かれ、現在、全話平均は民放連ドラで4位まで落ちてしまった。

「杏は、『ごちそうさん』(NHK)以降、主演ドラマが立て続けにヒット。“潜在視聴率”もギャラも現在トップレベルといわれるだけに、フジとしては期待外れ感が否めない。一方、演技力を誰も期待していなかった大島が、視聴者から評価され始めている現状も、フジとしては予想外のこと。4月から始まる警察ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)で初主演が決定している大島ですが、フジは早速、年内の連ドラにおいて、大島の獲得に動き出すとか」(同)

 ハードルが上がりきっている杏と、はなから期待されていなかった大島。今クールでは、女優2人の明暗を分けそうだ。

最終更新:2015/02/18 19:02
こんな記事も読まれています

元AKB48・大島優子ヒロインの『銭の戦争』が“視聴率女王”杏『デート』に逆転勝利、フジ起用女優の明暗のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

17日放送の草なぎ剛主演ドラマ『銭の戦争』(フジテレビ系)の第7話が、平均視聴率14.4...
写真