日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小栗&生田ドラマがTBS救う?

費用対効果最悪の『流星ワゴン』に沈むTBS、小栗旬・生田斗真『ウロボロス』映画化で逆転なるか!?

ryuseiwagon0220.jpg日曜劇場『流星ワゴン』TBSテレビ

「局内では初回2時間SPで視聴率15%以上が厳命でしたが、結果は11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、プロデューサーの顔が青ざめていましたね。トータルの制作費に占めるキャスト費がバカ高いので、かなり費用対効果は悪いです。すでに目標は2ケタキープに変わったようで、キャスティングミスを誰のせいにするか“戦犯”探しが始まっていますよ」(TBS関係者)


 主演・西島秀俊、原作・重松清、主題歌・サザンオールスターズで、おまけにスタッフは『半沢直樹』という触れ込みで宣伝を行っていた『流星ワゴン』(TBS系)。今クールナンバー1を取りにいったはずが、フタを開けてみれば、どうにか2ケタキープをしているという状態。

「TBSは今クール、『流星ワゴン』に一番比重を置いて、ほかのドラマはあまり力を入れてなかっただけに、この結果は本当に大事件です。たとえば田中麗奈さん主演の『美しき罠~残花繚乱~』は、もともと田中さんが主演ではなく、二転三転したようです。誰が断ったかはわかりませんが、ほとんどの主要キャストが2番手、3番手のオファーだったとか。スタート前からゴタゴタ続きだったので、すでにTBS局内では“捨てドラマ”といわれています(苦笑)」(芸能事務所関係者)

 そんな中で唯一の光明が、小栗旬と生田斗真のW主演作品『ウロボロス~この愛こそ、正義。』だという。

「このドラマは、小栗さんと生田さんの2人を使えるというところから始まり、題材は後探しになったようです。それで、WOWOWで香川照之さんと西島さんがやった『ダブルフェイス』のような作品にしようという流れになったんです。ジャニーズ側からの企画提案だったので、キャスト費もそこまでかかってない。実は、費用対効果はいいんです。上層部からも『数字は2ケタキープすればいい』ということで、もし平均15%いけば、映画化の話も上がってくるようです」(スポーツ紙記者)

 小栗と生田はTBSを救えるか――。

最終更新:2015/02/22 08:00
こんな記事も読まれています

費用対効果最悪の『流星ワゴン』に沈むTBS、小栗旬・生田斗真『ウロボロス』映画化で逆転なるか!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

岩井ジョニ男インタビュー!

「局内では初回2時間SPで視聴率15%以上が厳命でしたが、結果は11.1%(ビデオリサー...
写真