日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女子プロ“セメント事件”後始末

顔はボコボコ、お岩さん状態に……女子プロのリングで起きた禁断の“セメント事件”の後始末

shupro0224s.jpg「週刊プロレス 2015年 3/11 号」ベースボール・マガジン社

 女子プロレスで凄惨な“事件”が起きた。ガチンコの喧嘩マッチ、いわゆる「セメント試合」が行われてしまったのだ。

 舞台は22日に行われた女子プロ団体「スターダム」のメーンイベント「ワールド・オブ・スターダム選手権」。王者の世IV虎(よしこ)が、挑戦者の安川悪斗の放った顔面パンチに激高。馬乗りで鉄拳、掌底を繰り出し、一方的に顔面を殴打された安川は右目上が腫れ上がり、戦闘不能状態となった。美女レスラーで知られる安川の顔は原形をとどめておらず、まるで“お岩さん”のよう……。

 結局、試合は安川のセコンドを務めた木村響子がタオルを投入し、世IV虎のTKO勝ちとなったが、観客からは「ちゃんとプロレスをやれ!」とブーイングが飛び、会場は大混乱となった。

 都内の病院に救急搬送された安川は、頬骨と鼻骨の骨折で、手術が必要と診断された。加えて両目眼窩(か)底骨折の可能性もあり「全治は未定」(関係者)という。

 安川は甲状腺の悪化、白内障の手術で長期欠場し、昨年12月に復帰したばかり。プロレス関係者は「目に持病を抱えていただけに、安川の視力が心配。失明でもしたら……」と心配する。

 なぜ、ここまでの事件に発展してしまったのか? 業界関係者は「両者はもともと犬猿の中で知られ、合宿所で大ゲンカしたこともある。試合当日は王者の世IV虎が安川に敗れ、王者陥落という“ブック”があり、それに世IV虎が不満を募らせていたという情報もある。試合開始前から、こういう事態になる可能性はあった」と話す。

 大会後、会見した同団体のロッシー小川代表は「プロレスの範ちゅうを超えていた。それでは(観客も)楽しめない。総合格闘技でも果たし合いでもなく、プロレスリングなんだから。お客さんに申し訳ない」と謝罪。暴走した世IV虎は王座返上ばかりか、事実上の業界追放になる可能性も出てきた。

 一方で不穏な言葉を口にするのは、業界歴30年以上の格闘技関係者だ。

「このままでは世IV虎も無事では済まないよ。今回の試合で団体の顔を潰したわけだから。ジャンルは少し違うが、2009年の大みそかの総合格闘技の試合で、関節技を得意とする青木真也が相手選手の腕を故意にへし折った挙げ句、相手に向かって中指を突き立てた。勝者の美学もあったもんじゃないよ。それ以降、青木は相手選手の関係者に狙われ続け、ついには土下座して許しを請うことになった。普通なら“半殺し”にされても文句は言えない」

 感情的になり、取り返しのつかないことをしてしまった世IV虎にも、相応の“報復”が待っているかもしれない――。

最終更新:2015/02/25 17:00

顔はボコボコ、お岩さん状態に……女子プロのリングで起きた禁断の“セメント事件”の後始末のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

綱島「住みたい街160位」でも注目のワケ

今回は、2022年に新駅開業予定、東急東横線「綱...…
写真
インタビュー

『鬼滅の刃』のプロデュースワークの巧みさ

女子プロレスで凄惨な“事件”が起きた。ガチンコの喧嘩マッチ、いわゆる「セメント試合」が行...
写真