日刊サイゾー トップ > 社会  > テロ余波?イスラム教徒同士の対立

これも“イスラム国”テロの余波? 「戒律」めぐり、イスラム教徒同士の対立も……

kinshicho0302.jpg東京・錦糸町の繁華街

 都内の繁華街で、イスラム教徒同士の対立が起こっている。

「あいつらは風俗に出入りして女性を金で買うし、酒も飲む。快楽に溺れ、戒律を踏みにじっている」

 キャバクラやスナックが並ぶ東京の歓楽街・錦糸町では近年、中東系の住人が増えており、現場を行き交うイスラム教徒の間では、公の場での飲酒や婚外セックスなどイスラム教で禁じられている行為を堂々と行う者が目立っている。これに怒るのが厳格な教徒で、なんと襲撃事件まであったことが分かった。

 イエメン出身のFさん(32)は来日1年半、昼間は飲食店の手伝いで、夜は風俗店やキャバクラ店の客引きを行っている。母国で3年間の日本語学習をしてきたこともありスムーズな日本語を話すが、既婚者ながら風俗店にもよく出入りし、ナンパや合コンをすることもあるという。仕事外では酒を飲み、中華料理店では豚肉料理を注文していた。

「ここは日本。自国なら戒律は守るけど、ここでは関係ないよ。同じ考えの人の方が多いし、私は稼いだ金を母国の親族に送金していて、自国のために頑張っている」とFさん。厳格な教徒から非難の声があることについては「昨年、複数の男に袋叩きにされた」と被害を訴えた。

 被害は昨年12月、同じ中東出身者3人で集まって酒を飲んでいたところ、顔見知りの中東系の集団に襲撃され、ケガを負ったという。

「自分もテロの被害者だ。日本に来ても戒律を守っている連中は過激になっていて、日本人と同じように振る舞って頑張っている私たちを攻撃する。イスラミックステート(IS)の連中と変わりない!」(Fさん)

 対して、在日イスラムのコミュニティ支援者で、飲食店経営者・Aさんは「神は、どこにいるかで人を区別しない。ここが自国でも他国でも関係ない。戒律は守るべき」と反論し、Fさんのような教徒を批判する。

「もちろん暴力行為をしたことはないし、奨励したこともないけど、同じイスラム教徒として恥ずかしい」と話す。

 ただ、錦糸町のバー経営者によると「情勢的には、自由を謳歌するイスラム教徒の方が多い」という。

「そもそも客引きをやっているような連中は、違法行為なのに、警察が通訳などの手間と費用を避けるため野放しにしていることも問題の一因。このあたりじゃパトロールすら見かけず、調子に乗った者たちが増長して日本人女性を強引にナンパしたり、やりたい放題」(同)


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

これも“イスラム国”テロの余波? 「戒律」めぐり、イスラム教徒同士の対立も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

都内の繁華街で、イスラム教徒同士の対立が起こっている。「あいつらは風俗に出入りして女性を...
写真