日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大コケ高良健吾が小栗に人生相談

映画『悼む人』“大惨敗”で知名度不足に悩む主演・高良健吾が小栗旬に相談も「そのままでいい」

itamuhitos0313.jpg映画『悼む人』公式サイト

「かなりプロモーションに力を入れた作品なので、これだけ閑古鳥が鳴いていると配給元の東映だけでなく、監督以下、関係者が全員頭を抱えてしまいますよね。劇場での巻き返しは厳しいでしょうから、DVDでどれだけペイできるかの算段を始めたそうですよ」(芸能事務所関係者)


 高良健吾主演で天童荒太の直木賞受賞作品を映画化した映画『悼む人』が、大コケしてしまった。

 公開2日間の興収ランキングでは初登場で8位に登場するも、184スクリーンの公開で興収は約6,000万円だった。

「これだけの公開スクリーン数で興収6,000万円というのは、大惨敗といってもいいでしょう。同じ週に10位に初登場した関ジャニ∞の渋谷すばるの初主演映画『味園ユニバース』は、65スクリーンの公開で興収はほぼ同じでしたから、いかに『悼む人』に人が入っていないかがわかります。実際、翌週のランキングではトップ10から外れました」(映画ライター)

 『悼む人』は、原作者の天童氏もイベントに出席したり、女優の石田ゆり子が主人公の高良健吾、殺害した夫役の井浦新を相手にした濡れ場を披露するという“煽り”を入れたものの、結果的にすべて期待外れに終わった。

「それらを差し引いても、やはり主演である高良クンの知名度不足が原因じゃないかという声も上がっていますよ。今は大河ドラマ『花燃ゆ』に出演していますが、事務所の方針で、ほとんど民放のドラマに出演せずCMも少ないので、知名度の浸透でいうと主演としては厳しいかもしれませんね」(映画関係者)

 その“知名度”に関しては、高良本人も悩んでいるという。

「彼自身も、露出に関しては俳優仲間の小栗旬クンなんかに『どうやったら面白い話ができるか』とか『舞台挨拶で何を話したら記事になるか』なんかを真剣に相談しているようです。みんな真面目な高良クンのことをわかっているので『健吾はそのままでいいんだよ』とか言ってたようですが、それがまた真面目な高良クンのことですから、いろいろと考えてしまうのかもしれませんね。このままだと興収も3億に届かないくらいの結果になりそうですが、これを糧に、さらにいい役者になってもらいたいですね」(同)

 まずは、民放ドラマの主演で経験を積んでみては?

最終更新:2015/03/15 10:00

映画『悼む人』“大惨敗”で知名度不足に悩む主演・高良健吾が小栗旬に相談も「そのままでいい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

小池百合子「勝因はコロナ」

今週の注目記事・第1位「熱愛スクープ― 綾瀬...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

「かなりプロモーションに力を入れた作品なので、これだけ閑古鳥が鳴いていると配給元の東映だ...
写真