日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『永遠の0』をフジが放棄したワケ

「テレ東、ざまぁみろ」!? 百田尚樹『永遠の0』ドラマ化権を、フジテレビが放棄したワケ

eiennozero02s34.jpg『永遠の0』テレビ東京

「やることなすこと裏目に出ているフジテレビですが、あのドラマに関しては、本当に手を出さなくてよかったなって話をしていますよ。かなり高額のギャラがかかった上に、全話2ケタ割れですからね」(フジテレビ関係者)


 先月、テレビ東京開局50周年スペシャルとして放送されたスペシャルドラマ『永遠の0』。主演の向井理をはじめ、広末涼子や多部未華子といった豪華キャストに加えて、水曜日、土曜日、日曜日という異例の3夜“非”連続放送でも話題となっていた。

「もともと、ドラマの放映権はフジテレビが持っていたんです。それで2夜連続でやるはずだったんですが、途中から著者の百田尚樹さんが『映画で表現できなかった部分をドラマでやりたいから、3夜にしてほしい』と言ってきたそうです。しかも、脚本にまで口を出すと言ってきたので『それだったらうちは……』ということで断ったんですよ」(芸能事務所関係者)

 通常、この手のドラマは2夜連続、3夜連続と続けてやることに意味があるはずだが、1話から2話までに2日も空けてしまうと、視聴者が離れてしまう可能性は高い。

「結局、ドラマの平均視聴率は第1夜9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2夜7.5%、第3夜9.9%と、予想通り中日が落ち込みました。テレ東局内からは『ババを引いちゃったね』といった声が上がっていましたね。ただ、うちは今それくらい悪くても、フジテレビに対してもなんとも思わないような雰囲気ができています。フジからしたら『ざまぁみろ』と思うかもしれませんけどね」(テレビ東京関係者)

 この、視聴率に一喜一憂しない安定感が、今のテレビ東京の強みかもしれない。

最終更新:2015/03/25 12:00

「テレ東、ざまぁみろ」!? 百田尚樹『永遠の0』ドラマ化権を、フジテレビが放棄したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

DJ HASEBE語る志村けん

「やることなすこと裏目に出ているフジテレビですが、あのドラマに関しては、本当に手を出さな...
写真