日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 優木まおみが「うどん」で炎上中

“プライド高すぎ”優木まおみが「第2の木下優樹菜」に!? “うどん騒動”で一般人に逆切れ&しれっと動画削除

yuukimaomi0512.JPG優木まおみ (@yukimaomi) Instagram

 “エロ賢い”キャラでブレークしたタレントの優木まおみが、インスタグラムに投稿した愛娘の画像と動画を、一部削除した。

 優木は9日、先月1歳になったばかりの娘が、うどんを食べている画像を投稿。この時期の幼児にうどんを与える場合、短く切って与えるのが一般的。しかし、画像では、娘が長いままのうどんを手づかみしていたため、コメント欄で「うどん、長すぎ!」「短く切ってあげないんですか?」「そんな長いとつっかえますよ」などと心配する声がいくつも見受けられた。


 また同日、スプリング遊具(下にバネがついており、上に人が乗って揺らして遊ぶ遊具。一般的な対象年齢は3~6歳)で遊ぶ娘の動画を投稿。背もたれがない形状であったが、後ろで大人が支えている様子がみられなかったため、これにも「せめて背中に手を添えてあげて」「見てられない!!」「危ないからやめて!!」といった心配コメントが相次いだ。

 これらの読者の反応に対し、優木は「ごめんねー、なんか、遊具の遊び方とか、うどん長い短いとか、いろいろ心配させてる?笑」と投稿。画像のうどんについては「ちぎって遊ぶ用」だと説明し、「周りにママ友もいて、たくさん相談しながら、楽しみながら子育てしてるので、あんまり一枚の写真や、数秒の動画に過剰な反応しないでもらえると、これからも気軽に子育て日記をアップできてありがたいなぁと思います」と理解を求めた。

 この後、優木の対応を「逆切れ」と受け取る読者が続出したため、炎上。「心配してくれるファンがいるだけ、ありがたいってことに気づいてない」「食べ物で遊ばせるとか、意味不明」「苦しい言い訳」「性格悪い」といった批判が相次いでいる。

 この騒動を受けてか否か、優木は12日、問題の画像と動画を突然、削除。ネット上では、「さすがに、事務所に怒られたのでは?」といった臆測が浮上している。

 読者にキレたママタレといえば、2012年に女児を出産した木下優樹菜が昨年1月、インスタグラムの料理画像に対し、「おいしそ~やけど皿に緑と赤が足りないね!」とのコメントが書き込まれたことに激怒。書き込んだユーザーのアカウント名のスクリーンショットを晒し上げた上、「ごはんのせたらダメ出しきた…赤と緑たりなくてごめんなさいww 爆笑!」と嘲笑うようなコメントを残したため、大炎上に発展した。

「東京学芸大学出身の優木は、業界内でもプライドが高いことで有名。賢いキャラで売れてからは、スタッフ1人ひとりに挨拶することもなくなり、仕事関係者からの評判はイマイチ。おととし6月にカリスマ美容師と結婚した際も、祝福する声は少なかった。また、彼女のママタレ活動への思いは並々ならぬものがあり、他の人気ママタレを敵視している。実際、芸能界のママタレとの親交も少なく、彼女のSNSにママ友が登場することは、ほとんどありません」(優木を知る芸能関係者)

 先月には、ママ向け雑誌「nina’s」(祥伝社)で、親子そろっての初表紙を飾るなど、ママタレ転身も順調に見える優木。ママタレは好感度も重要なだけに、今後、プライドの高さがジャマしなければいいが……。

最終更新:2015/05/13 00:39
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed