日刊サイゾー トップ > 芸能  > たむらけんじに「腹黒いわ~」の声

大阪都構想の勉強会を主催した芸人・たむらけんじに「腹黒いわ~」の声

tamuken0515s.jpg『たむらけんじの東京で売れてる芸人 犬に噛まれろ!!』(竹書房)

「腹黒いわ~」

 そう笑うのは、関西在住のプロダクション関係者だ。お笑い芸人のたむらけんじが、大阪都構想に関する勉強会を主催。13日に大阪市内で開かれ、ニュースキャスターの辛坊治郎氏ら300人が参加した。

 同勉強会は、17日の大阪都構想をめぐる住民投票を控え、未来の大阪を背負うべき若者たちの無関心に危機感を覚えたたむらが「一緒に勉強しよう」と企画したもの。参加者によると、たむらが辛坊氏に都構想の可決、否決に伴う「その後の大阪」を問う形で進められたといい、一般参加者からの質問も受け付けられた。


 現時点で、住民投票の行方は反対意見が上回っていると報じられている。たむらは賛成でも反対でもなく「中立」の立場としているものの、反対者の中には、勉強会を開いたことで「賛成」と見なす向きもあり、たむらのTwitterには批判の声が殺到。これにたむらは「中立でやりたいってのがそんなに嫌なの?もし、賛成を進める会やりますって言うたらもっと嫌なんでしょ?ただの言いがかりやん!自分達の意見に自信もって正々堂々としてたらよろしいやん!」と反論している。

 そんな中、今回のたむらの行動の“裏”を詮索する者もいる。

「要するに、将来的に政治家になりたいんちゃうの?」

 そう語るのは、冒頭のプロダクション関係者。実業家としての一面も持つたむらは、かねてより政治に関心があるといわれている。

「維新の会の橋下徹大阪市長と交流があり、今回の勉強会も、彼のためにひと肌脱いだ部分はある。今回は住民投票というのがポイントで、橋下陣営は投票に行く人は賛成意見のほうが多くなると踏んでいる。人間の集団心理で、わざわざ反対票を入れに投票には行かないだろう、ということ。つまり大阪都構想に関心を持ってもらい、投票所に行くよう働きかけるのがたむらさんの務め。それは結果的に、橋下さんに寄与することになる」(政治担当記者)

 それだけに「大阪都構想が通った暁には、橋下市長を後ろ盾に、たむらも政界に進出するのではないか」とウワサされているのだ。たむらにとっても、17日の開票結果は自身の将来を左右することになりそうだ。

最終更新:2015/05/16 08:00
こんな記事も読まれています

大阪都構想の勉強会を主催した芸人・たむらけんじに「腹黒いわ~」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

「腹黒いわ~」 そう笑うのは、関西在住のプロダクション関係者だ。お笑い芸人のたむらけんじ...
写真