日刊サイゾー トップ > 芸能  > 橋下市長「たかじんの後釜」に?

橋下徹大阪市長が「やしきたかじんの後釜」に!? 早くもテレビ出演オファー殺到か

hashimototoru0518.jpg

 「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が僅差で敗れ、橋下徹大阪市長は12月の任期満了で政界を引退する考えを表明した。今後の身の振り方については「大阪維新の会の顧問弁護士にでも」などと話したが、ある情報番組のプロデューサーは「やしきたかじんの後釜になるような辛口司会者として起用したい」と、早くもテレビ界からラブコールが送られている。

「各政党と戦った立場から、キャスターのような位置は難しくても、バラエティ系の討論番組などであれば司会者でも問題はないでしょう。まずはゲストとしての出演が殺到するでしょうが、狙いたいのはレギュラー司会者。局のゴーサインが出たら、オファーしたい」(同)

 市長は会見でテレビからのオファーについて、過去に多くの局とトラブルになっていることから「もらえないでしょ」としながらも「求められたらやりますよ。今度はノーギャラじゃなくて。文化人枠じゃないやつで」と答え、バラエティ番組への出演に前向きだ。

 プロデューサーは「今回の会見の好印象も、テレビ復帰を狙っているように見える」と話す。

「意地悪な記者の質問に、いつもは顔を硬直させて反論するところも穏やかで、潔い引退表明は大衆から見て好印象。もともと弁護士時代はメディアに出ることに積極的で、機を見るに敏な彼のこと、すでに引退後の道筋は頭に描いてのことでしょう」(同)

 確かに、住民投票で負けたとはいえ票数は僅差で、ほぼ半数が橋下市長を支持した形のため、去り方としてもこの上ない。政界引退という選択も、見方を変えれば、残された大阪維新の会がどうなろうと、後は野となれ山となれ、というニュートラルな立場。テレビ復帰への道筋が作られているようでもある。あの鋭い舌鋒で、なお好き勝手に発言できるとなれば、毒舌の大好きなテレビ各局も放ってはおくまい。

「聞いたところでは、敗北後に市長本人から連絡をもらった知人や識者の中には、これまで親しくしてきた関西のテレビ局幹部もいたという話ですからね」と同プロデューサー。


12
こんな記事も読まれています

橋下徹大阪市長が「やしきたかじんの後釜」に!? 早くもテレビ出演オファー殺到かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が僅差で敗れ、橋下徹大阪市長は12月の任期満了で政界を...
写真