日刊サイゾー トップ > 芸能  > リリー・フランキーのギャラが高騰

「ドラマ仕事は断っている」“名優”リリー・フランキーの出演ギャラが高騰中!

gururinokoto0522s.jpg『ぐるりのこと。』(VAP)

「もともとマルチな才能を持っていますが、今はとにかく俳優業、とくに映画に力を入れたいと考えているようです。ドラマのオファーもたくさん来ているようですが、『セリフが覚えられないよ』と、ほとんど断っていますね」(映画関係者)


 6月、7月で4本もの映画の公開が控えているリリー・フランキー。2008年に公開された映画『ぐるりのこと。』の演技が高く評価され、第51回ブルーリボン賞・新人賞を最高齢(45歳)で受賞した。

「それからは、年に2~3本のペースで映画に出演しています。一方のドラマは、連ドラに出ることはほとんどなく、基本的には単発物のゲストが多いですね。実は、今放送されている月9『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)で寺尾聰さんが演じている役も、最初はリリーさんにオファーがあったようですが、それを『新しい台本が上がるたびにセリフを覚えるのは無理』と断ったそうです。確かに、映画だと台本は1つですからね」(テレビ局関係者)

 ベテラン名優の寺尾を差し置いてオファーがあるとは、テレビ局のリリーに対する多大なる期待が見て取れる。

「実際、リリーさんのライバルとして名前が挙がる俳優は、國村準さん、小日向文世さんといった実力派ですからね。ブルーリボン賞以外にもいくつか賞を取っていることもあって、ギャラは彼らと同等レベルだそうです。ドラマでリリーさんを使うとなると、1本100万円以上は堅いでしょうね。当然、ギャラだけでいうと、映画より連ドラのほうがいいですが、彼はまた映画で賞を獲りたいみたいですよ」(芸能事務所関係者)

 名実ともに名優の仲間入りしたリリーが狙う、次なる賞は――。

最終更新:2015/05/24 11:00
こんな記事も読まれています

「ドラマ仕事は断っている」“名優”リリー・フランキーの出演ギャラが高騰中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...…
写真