日刊サイゾー トップ > 芸能  > 紀香、負ければ「熊切以下」認定

負ければ「熊切あさ美以下」のレッテルも!? 藤原紀香と片岡愛之助の恋の行方は――

fujiwaranorika0529.jpg

 女優・藤原紀香と歌舞伎俳優の片岡愛之助の“密会”が、発売中の「女性セブン」(小学館)で報じられた。

 紀香は、ここぞの時に着るといわれる、艶やかな着物姿で愛之助らと食事。その後、愛之助は紀香の住む高級マンションに消えて行ったという。


 これが純粋な恋愛ならいいが、片岡は恋人の熊切あさ美と2年以上同棲中。同誌では今年の4月に破局したとあるが、当の熊切は所属事務所を通じて「現在も同棲中」と異例のコメントを出した。

「実はセブンも、熊切と愛之助さんが切れていないことをキャッチしていたそうですが、業界の上のほうから『2人はすでに別れていることにしてくれ』と“神のお告げ”があったようです(笑)。実際は愛之助さんの浮気、二股です」(週刊誌デスク)

 とはいえ、単なる“火遊び”で終わらなそうなのが、今回の騒動。スポーツ紙記者は「紀香さんは奪う気満々。熊切さんとは芸能人としての“格”が違いますからね。今回記事が報じられたことで、既成事実を作りにいった部分もあります。『あんな小娘に負けるわけない』と思っているのでは?」で推察する。

 片や、スキャンダルが出て初めて事実を知った熊切は傷心。親しい関係者以外は音信不通となっている。

「交際当初から梨園で逆風が吹き荒れていましたが、それでもじっと我慢して、愛之助さんを支えてきた。仕事をセーブしてまで、彼の身の回りの世話を献身的に行ってきた。それほど彼に“賭けていた”部分はある。ショックは大きいだろう」とは彼女を知る人物。とはいえ、熊切にも意地がある。心の中では「彼はきっと帰って来る」と信じており、今回の報道については「仕掛けられた」と判断しているようだ。

 愛之助をめぐる2人の女の争い――。イケイケの紀香だが、万が一負けることになれば「熊切以下」とネット上で話題になることは必至。バトルの行方に、注目だ。

最終更新:2015/05/30 10:00
こんな記事も読まれています

負ければ「熊切あさ美以下」のレッテルも!? 藤原紀香と片岡愛之助の恋の行方は――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

『どるから』石井館長がJKに!?

 今回ご紹介する『どるから』、単行本の表紙と...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...…
写真