日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース  > 中国旅客船転覆事故、賠償金は?

【中国旅客船転覆事故】絶望感漂う救出活動……犠牲者への賠償金額は、一人当たりわずか45万円!?

845699a5fa53ce8c9b8dd5261ec.jpg事故現場を訪れた李克強首相。救援活動の邪魔になっているとの批判も出た。

 6月1日夜に中国湖北省荊州市監利県の長江で沈没した、客船「東方之星」。すでに事故発生から、生存率が大きく低下するとされる72時間を過ぎたが、救出活動は依然難航しており、いまだ行方不明となっている400人以上の乗客の安否にも、絶望感が漂い始めている。

 その一方、関心が高まっているのが被害者に対する賠償金額だ。

 中国人民保険集団は3日、事故を起こした客船の運航会社が加入していた船舶保険、1,000万元、日本円にしておよそ2億円を支払ったことを公表した。運航会社は、これを被害者の賠償に充てるとされているが、乗客数で割れば一人当たりわずか45万円ほどの金額になってしまう。

 これに対し、中国版Twitter「微博」では、「少なすぎる」との声が上がっており、「政府が見舞金を支払うべきだ」という意見もある。

 2011年に浙江省温州市で起きた高速鉄道の衝突・脱線事故では、死亡した被害者一人当たり91万5,000元(約1,800万円)の賠償金が遺族に支払われた。当局は当初、死者に対する賠償金額を50万元(1,000万円)としていたが、被害者遺族やネット市民から不満が噴出。その後、大幅に引き上げられたという経緯がある。


12
関連キーワード

【中国旅客船転覆事故】絶望感漂う救出活動……犠牲者への賠償金額は、一人当たりわずか45万円!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

6月1日夜に中国湖北省荊州市監利県の長江で沈没した、客船「東方之星」。すでに事故発生から...
写真