日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 韓国“ハンセン病の島”の残酷物語

ホルマリン漬けの死体が忽然と消えた? 韓国“ハンセン病の島”の残酷な歴史

shikajima.jpgイメージ画像(足成より)

 韓国・全羅南道(チョルラナムド)にある島・小鹿島(ソロット)。小鹿のような形をしていることから、そう名付けられた島には、1990年代中盤まで、思わず目を覆いたくなるような残酷な歴史の痕跡が残っていたという。韓国のテレビ局・SBSは、島民などに聞き込み取材を敢行。その惨劇の全貌が明らかになった。

 現在、小鹿島の中央には車では近づくことができない「制限区域」があるのだが、その区域内に、木々に囲まれた、赤いレンガ造りの施設がひっそりと佇んでいる。施設内部には、手術台といくつかの棚、またボロボロになった担架が残っている。一見、廃病院のようにも見えるが、島民によれば、この施設は実際に「人間を解剖するために使われていた」という。同施設をめぐっては、島に古くから住む島民たちから、次のような証言も飛び出している。

「ホルマリン漬けにされた人の臓器が、棚いっぱいに並んでいた」
「生首が置いてあった」
「髪の生えた胎児の死体が、10体以上瓶に詰められ、放置されていた」
「(島の)村で誰かが死ぬと、そこに死体が運ばれていった」
「死体は、大きな釜でゆでられることもあった」

 なお、島民の証言には共通点がある。それら人間の死体や臓器の入った瓶が、「20年ほど前に忽然と姿を消した」というのだ。どこの国にもある、都市伝説かと思いきや、そうではない。なんと、このウワサの証拠を握る男性が現れたのである。男性は過去にその赤レンガの施設に忍び込み、内部の様子をカメラに収めていた。

「小さい頃からその施設の存在を知っていましたが、大人になって事の重大さに気づき、写真に残そうと考えました。撮影後、瓶を開けて、(慰霊のために)胎児の死体をなでました。私には、それくらいしか、彼らにしてあげられることがなかったので……」(男性)

 男性の証言によると、14の瓶の中には、胎児が積み重なるように詰め込まれたものもあったという。「何かの研究目的だったとしても、もっとしっかりと保存するはず。それなのに、無造作に突っ込むような形で保存されていました」(同)。

 その後の調べで、この施設の設立理由が明らかになった。施設は、ハンセン病患者の手術を行ったり、死後には、その死体を解剖・研究する目的で使用されていたという。そもそも、小鹿島自体が、ハンセン病患者を隔離するための島だったのだ。


12
関連キーワード

ホルマリン漬けの死体が忽然と消えた? 韓国“ハンセン病の島”の残酷な歴史のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

韓国・全羅南道(チョルラナムド)にある島・小鹿島(ソロット)。小鹿のような形をしているこ...
写真