日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ハロー!プロジェクト  > 辻希美、授業参観にサングラス姿

授業参観でも“サングラスかけっぱなし”報道の辻希美、TPO完全無視は「子どもがかわいそう!?」

tsuji0604.JPG辻希美オフィシャルブログより

 元モーニング娘。でママタレの辻希美(27)と、周囲のママたちとの微妙な関係について、4日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 先月30日のブログで、「今日のぉ弁当のぐでたま弁当はnoaのリクエストだょ」と、“ぐでたま”のキャラ弁を携え、長女(7)の運動会を訪れたことを報告した辻。だが記事によれば、この日、学校の校庭に到着した8時30分頃から、運動会が閉会する15時まで、彼女に話しかけるママ友は見られなかったそう。

 また、別の日の授業参観では、教室内でも派手なサングラスをかけっぱなしだったといい、その話しかけづらい雰囲気に、周囲のママたちも距離を置くしかなかったという。

 辻といえば、昨年10月放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、ネット上の自身へのバッシングについて「結構、身近にいたりするんです。誰が言っているか、全然わかります。ネットとかでもね。全員を信用できるわけではないんです」などと発言。これに、視聴者から「こんなことテレビで言っちゃって大丈夫なの?」「子どもが心配」と、周囲のママとの関係に支障が出ることを心配する声が相次いだ。

「学校行事にも、派手な服装とばっちりギャルメイクを欠かさない辻ですが、先月、息子の運動会を訪れたママタレの紗栄子を例にとっても、ボーダーのカットソーにGパン、スニーカーという地味な出で立ち。多くのママタレがTPOに合わせた服装を心がけ、注目を浴びやすい芸能人だからこそ、子どものためにママ友との付き合いを大切にしている。辻の“協調性よりも個性”という考え方は頭ごなしに否定できませんが、周囲のママたちからすれば“面倒くさい存在”といえそう」(芸能記者)

 2年前に「ベストマザー賞 文化部門」を受賞したほか、かつて女子中高生が選ぶ「理想の母親」1位に選ばれたこともある辻。子どもたちのためにも、これ以上、ママたちの中で孤立するようなことがなければいいが……。

最終更新:2015/06/04 19:35
こんな記事も読まれています

授業参観でも“サングラスかけっぱなし”報道の辻希美、TPO完全無視は「子どもがかわいそう!?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

元モーニング娘。でママタレの辻希美(27)と、周囲のママたちとの微妙な関係について、4日...
写真