日刊サイゾー トップ > 芸能  > 水嶋ヒロ、絢香の束縛で一生ヒモか

第1子誕生の水嶋ヒロ、“現場での悪評”と“絢香の束縛”で「一生ヒモになるしかない?」

mizushimainst.jpg絢香とのアツアツぶりをアピールする、水嶋ヒロ公式instagram

 俳優の水嶋ヒロの妻で歌手の絢香が19日、公式ブログで第1子となる女児を東京都内の病院で出産したことを発表した。

 「ご報告」と題したブログは夫婦連名で「我が子の穏やかな寝顔を見る度、本当に嬉しくて仕方ありません。産まれてきてくれたその瞬間から、まるで神様にウインクをされたかのような、そんな幸福で有難い気持ちにさせてくれています」などと喜びをつづった。


 水嶋は自身のInstagramで「I’m a dad.(パパです)」と喜びをつづったが、水嶋の胸中はかなり複雑に違いないという。

「2009年4月に絢香との結婚を発表。その後、前所属事務所に“不義理”をして絢香とともに独立したため、俳優業で干された。それでも、本名・齋藤智裕で執筆した処女小説『KAGEROU』(ポプラ社)が10年の『第5回ポプラ社小説大賞』を受賞して、華々しく作家デビュー。しかしなかなか第2作が出ず、俳優として再起をかけた主演映画『黒執事』以降、まったく仕事がない」(映画関係者)

 『黒執事』では共同プロデューサーとして本名の齋藤智裕でもクレジットされているが、「現場のことをあまりわからないのにあれこれ口出し。スタッフたちは『アイツと仕事をするのはもう懲り懲り』と口をそろえていた。プロデューサーとしては失格だった」(同)という。

 さらに水嶋を苦しめるのが、絢香の束縛なのだという。

「絢香は水嶋の浮気を危惧し、やたらと束縛したがる。水嶋のInstagramにやたらと絢香との2ショット写真が掲載されるのも、絢香のアイデア。水嶋は今や仕事よりも、絢香の打ち合わせやレコーディングに立ち会うことを優先させられるため、長期間撮影で拘束される連ドラや映画への出演は難しい状態。もともと、水嶋は自分よりもはるかに稼ぎが上だった絢香に物申せず、前事務所への不義理も、絢香に結婚・独立を迫られてそれに従ったから。絢香の夫兼側近になってしまった」(レコード会社関係者)

 出産したばかりの絢香だが、約5カ月後の11月23日にスタートする1年ぶりの全国ツアーで本格復帰することが決定。ツアーのリハーサルなどで忙しくなりそうで、乳飲み子を抱えるだけに、水嶋はしばらく専業主夫になりそうだ。

最終更新:2015/06/25 10:00
こんな記事も読まれています

第1子誕生の水嶋ヒロ、“現場での悪評”と“絢香の束縛”で「一生ヒモになるしかない?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

チュート徳井は悪質なやり方か

今週の注目記事・第1位「森田健作、台風被害の最...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

俳優の水嶋ヒロの妻で歌手の絢香が19日、公式ブログで第1子となる女児を東京都内の病院で出...
写真