日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 有村架純初主演ドラマが酷評祭り

有村架純の黒歴史確定か!? 地上波初主演ドラマ『永遠のぼくらsea side blue』が酷評祭り「ペラッペラの友情」

eiennobokura0625.JPG日本テレビ公式サイトより

 24日に放送された、女優・有村架純の地上波初主演スペシャルドラマ『永遠のぼくらsea side blue』(日本テレビ系/21時~22時54分)の評判が散々だ。

 同作は、海の近くの水族館を舞台にした、大学生7人の青春群像劇。AKB48・渡辺麻友主演『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)などで知られる渡辺千穂氏によるオリジナル脚本で、キャストには窪田正孝、山崎賢人、成海璃子、東出昌大ら注目の若手俳優がズラリ。放送前から、ネット上では「出演者が豪華!」「おもしろそう」と期待値が高かった。

 しかし、放送が始まってみると、視聴者から酷評が殺到。そのほとんどが脚本への不満で、「なにこれ、ストーリー浅すぎ……」「心情の変化が、まったく描かれてない」「びっくりすぐほどペラッペラな友情」「見たことのあるようなシーンをつなぎ合わせたドラマ」「イメージビデオみたい」といった声が。また、演技派俳優として人気上昇中の窪田のファンからは、「窪田くんをムダ遣いしてんじゃねーよ!」と憤る声も見受けられる。

「青春群像劇に大切な若者の心情の変化がまったく描かれておらず、薄っぺらい物語に。カット割りばかり多く、2時間の放送時間に、あらゆる展開を詰め込みすぎた印象です。ゆえに、最後まで見た多くの視聴者が、なんとなくヌルヌルと進んでいく展開に、『結局、何が言いたかったのか……』とポカーンとしてしまった。これでは『若手俳優が使いたかっただけ』などといわれても仕方ない。見どころといえば、妙に生々しく映っていた、有村と窪田のキスシーンくらいでしょうか」(テレビ誌記者)

 長らく売れない時期が続き、ようやく地上波ドラマの主演に抜てきされた有村だが、どうやら今作は“黒歴史”となってしまいそうだ。

最終更新:2015/06/26 00:42

有村架純の黒歴史確定か!? 地上波初主演ドラマ『永遠のぼくらsea side blue』が酷評祭り「ペラッペラの友情」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

24日に放送された、女優・有村架純の地上波初主演スペシャルドラマ『永遠のぼくらsea s...
写真