日刊サイゾー トップ > 芸能  > 西川貴教ライブマナーが厳しすぎ!

アンコールに苦言の西川貴教、ライブ“マナー”が厳しすぎ!?「ターボコール知らないなら来るな」の声も

nishikawatakanori0707.jpg「突キ破レル-Time to SMASH!」(ERJ)

 T.M.Revolutionの西川貴教が、ライブの本編終了後の「アンコール」に関してTwitterで「演る側も義務ではありませんし、お客様も強制ではありません」と発言して物議を醸したが、一部の熱狂的なファンが「私たちの勝ち」と、なぜか“勝利宣言”をしているという。

「ターボ(西川の愛称)はやっぱり、ニワカ(新参のファン)より私たちの味方」

 こう話す40代の女性ファンは、西川をデビュー当時から応援、全国ツアーのほとんどを見て回っているという筋金入りの追っかけだ。彼女いわく、西川のアンコール発言は、自分たち古参ファンの意をくんだものだという。

 西川はTwitterで「基本は本編で全て完結しており、チケット代はこの本編に対して頂戴しております。更に求められ、それに応える心と心の呼応がアンコールです。本当に求めて頂ければ、いくらでもお応えします」としていた。大半のコンサートでは観客がアンコールを叫び、いったん終了したライブが再開するのが通例だが、観客のアンコールが大きくなければ、わざわざ応える必要はないという趣旨だ。

 女性ファンは「そんな発言が出るのは、ニワカのせい」と、新参の客がアンコールを力強く叫ばなかったことが原因だと指弾する。音楽関係者によると、「西川は主要都市だけでなく全国の地方都市も回るツアーをしていて、そうなるとコンサート慣れしていない来場者も多い。これが、全国のコンサートを見て回る熱狂的な追っかけファンとの温度差を生んでいる」という。

 西川が問題の発言をした直前、6月28日の佐賀市民会館ではアンコールの声が小さく、そのまま本編のみでコンサートが終了しかけるという事態があった。先の女性ファンは「非常に不快な体験だった」と怒るが、その矛先は西川ではなく佐賀のファンだった。

「私たち追っかけは高い交通費をかけて来ている“アウェー”だから、盛り上がらないと損をする。なのに、地元ファンは場所も近いくせに、おとなしくてマナーも悪かった」

 彼女の指すマナーとは、一般的な行儀のことではない。

「開演前に『ターボ』を連呼するのが恒例なのに、佐賀のファンは勝手に『タカノリー!』とか叫んで、場を乱していた」


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

アンコールに苦言の西川貴教、ライブ“マナー”が厳しすぎ!?「ターボコール知らないなら来るな」の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

T.M.Revolutionの西川貴教が、ライブの本編終了後の「アンコール」に関してTw...
写真