日刊サイゾー トップ > 芸能  > 河村隆一のパチンコ営業に苦笑

ルナフェス成功の裏で……“パチンコ営業”続けるLUNA SEA・河村隆一に、ファンも苦笑

kawamura0708.JPGK-POWERS 西ノ京店 Facebookより

 6月27・28日に千葉・幕張メッセで開催された初の主宰フェス「LUNATIC FEST.」を、動員6万人という大成功に収めたロックバンド・LUNA SEA。2010年の活動再開以降も一定の人気を保ち、今年も大規模な全国ツアーや、大阪城ホールでのワンマンライブなどを開催しているが、その一方でボーカルの河村隆一が行っている“パチンコ営業”がたびたび話題に上っている。

 どうしても“落ち目感”が漂ってしまうタレントによるパチンコ営業だが、河村は数年前からこれに手を出しており、ホールチェーン「ダムズ」をはじめ全国のホールでイベントを開催。主に女性ファンを対象に、トークショーや、サイン色紙争奪ジャンケン大会、握手会などを行っている。さらに、数年にわたりホールチェーン「K-POWERS」グループのイメージキャラクターを務め、CMにも出演。ファンからは「隆一は変わってしまった」と溜め息が漏れた。

「河村は06年に結婚。その頃は、すでにソロ活動も鳴かず飛ばず。結婚後に売りに出した豪邸もなかなか売れず、価値は半分ほどになってしまったとのウワサも飛び交った。ソロデビューした90年代にはミリオンヒットを飛ばし、『NHK紅白歌合戦』にも出場した河村ですが、その後の懐事情はなかなか厳しいものがあったのでは?」(芸能関係者)

 当然、その空気はファンも感じており、パチンコ営業を続ける彼に対し、『そんなにお金に困ってるの?』と心配する声も少なくない。

「ファン心理を考えると、『ロックスターには、パチンコ営業をやってほしくない』というのが本音でしょう。ただ、バンド活動は面倒くさいことが多いため、河村は短時間で稼げるトークバラエティ番組や、主演舞台等の俳優業など、ソロでのタレント活動を充実させていきたいという気持ちが強いよう。そのため、X JAPANや最近の人気バンドを集めて行う『LUNATIC FEST.』を毎年開催することで、定期的にメディアに顔を売り、個人の仕事につなげたいというのが本音では? パチンコ営業を続けるのも、『ソロで手軽に稼ぎたい』という思いの表れでしょう」(同)

 彼にとって、LUNA SEAのボーカルという栄光は、まだまだ利用価値があるようだ。

最終更新:2015/07/08 19:30
こんな記事も読まれています

ルナフェス成功の裏で……“パチンコ営業”続けるLUNA SEA・河村隆一に、ファンも苦笑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

6月27・28日に千葉・幕張メッセで開催された初の主宰フェス「LUNATIC FEST....
写真