日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高知、事務所が売り込めなかった

「役者としての限界を……」引退の真相語った高知東生、事務所が“売り込み”できなかったワケ

 高島に相談したところ「すぐに理解してくれた」という。復帰の可能性は否定し、以前から手がけていた岩盤浴など健康関係の仕事を広げるといった、畑違いのことをやっていくというのだ。

「脇役としてなかなかいい味を出していた高知だが、決して仕事に恵まれていたとはいえなかった。もともと、大手に所属していたが、ほぼ個人事務所のようなところに移籍。とはいえ、社長は芸能界のある大物の運転手兼個人秘書のような役割も務めていたので、積極的に高知の売り込みをすることができず、ほぼ高知の人脈で仕事を取っていた。もっといろいろやりたい仕事もあったはずだが、さすがに、男気の人一倍強い高知は、引退が決まっても“恨み節”を口にしなかった」(芸能プロ関係者)

 収入に格差があっても、高島は今後も高知に頭が上がらないようだ。

最終更新:2015/07/12 08:00
12
こんな記事も読まれています

「役者としての限界を……」引退の真相語った高知東生、事務所が“売り込み”できなかったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

港区女子ひとみんの人生観とは?

妻で女優の高島礼子の父親の介護のため、俳優の高知東生が芸能界を引退することが話題になって...
写真