日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高知、事務所が売り込めなかった

「役者としての限界を……」引退の真相語った高知東生、事務所が“売り込み”できなかったワケ

takachinoboru0710.jpg『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』メイキング映像「高知東生」編 – YouTube(龍が如く 公式)より

 妻で女優の高島礼子の父親の介護のため、俳優の高知東生が芸能界を引退することが話題になっている。

 今月1日付のスポーツ報知の報道で発覚したが、高知は高島の父が患うパーキンソン病の介護などに専念するため、今年に入ってから芸能活動にピリオドを打つことを決断。家庭に入り“主夫”として高島を支えていくため、今秋公開の映画『忘れ雪』(ハン・サンヒ監督)の公開を区切りとし、6月末で所属事務所も退社していたという。

「もともと、1999年に高島と結婚した時から収入格差は大きく、“ヒモ亭主”などとさんざん揶揄されてきた。しかし、高島は『女優は家事をする必要がない』という考えで、家事をこなしてバックアップしていたのは高知。そんなこともあって、高島は高知にベタ惚れで、夫婦そろって銀座の高級クラブに来店する姿も目撃されたりしていた」(週刊誌記者)

 女性誌や週刊誌なども冒頭の話題を後追いしたが、「週刊新潮」(新潮社/7月16日号)で高知が引退の真相を語っている。

 同誌がまず高島を直撃したところ、「父は引き続き実家で、私たちが通うという形」と今後について説明。高知の引退については「本人に聞いてみて下さい」とした。

 それを受け、高知は「介護に専念するために役者を辞めるなんて、言った覚えはないんです」と、報知などの報道を否定。気になる引退の理由については、「2年前くらいから役者としての限界を感じ始めてね。(中略)今後の身の振り方を総合的に考えた時、自分は俳優業を一度リセットして別の道で頑張るべきだと思った」と明かした。


12
こんな記事も読まれています

「役者としての限界を……」引退の真相語った高知東生、事務所が“売り込み”できなかったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

妻で女優の高島礼子の父親の介護のため、俳優の高知東生が芸能界を引退することが話題になって...
写真