日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『27時間テレビ』費用対効果は最悪

「費用対効果は最悪だった」フジテレビ“大予算”投じた『27時間テレビ』大コケの後始末

fujitv080301.jpg

 7月25日から26日にかけて放送された長時間特番、フジテレビ『FNS27時間テレビ2015』の平均視聴率が10.4%(ビデオリサーチ調べ関東地区/以下同)だったことに、番組制作現場からは大きな落胆が聞こえる。

 今年で29年目となる長寿企画ながら、この数字はワースト3で、一部を制作したプロデューサーは「最近では最大級の予算規模だったのに、費用対効果が最悪のものになってしまった」と肩を落とした。

「具体的には明かせないけど、タレントの出演料以外では一番かかる人件費を、最近では考えられないくらい用意していた。近年の経費削減では特に人件費を削っていたから、番組作りの現場が疲弊して、不十分な出来になっていたことも多かったけれど、今回は十分な人員が割けた。それだけに、数字の悪さは言い訳のできないもの。何をやってもダメなのかとさえ思ってしまう……」(同)

 実際、番組に大規模な人員が割かれたのは放送当日のお台場でも見て取れた。フジテレビからすぐ近くにある温泉施設「お台場大江戸温泉物語」には、放送前後で休憩を取る制作スタッフが大勢出入り。宿泊もできるとあって、特に25日の深夜から翌朝までは、あちこちで番組に関係する会話が飛び交っていたほどだ。施設の従業員に聞いても「特番のときはフジテレビ関係の方が多く来られますが、今回は今までで一番多いようにも見える」と話していた。

 そのほか、番組に使う小道具や非売品グッズの充実、スタッフ用に用意された弁当がいつもより値の高いものになっているなど、当のスタッフから「金をかけてるなあ」という声が上がっていたが、それでも数字には反映されなかったのだから、ガッカリも無理はない。


12

「費用対効果は最悪だった」フジテレビ“大予算”投じた『27時間テレビ』大コケの後始末のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フジHD、株主総会で怒号の嵐

 毎年「荒れる」といわれているフジ・メディア...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

7月25日から26日にかけて放送された長時間特番、フジテレビ『FNS27時間テレビ201...
写真