日刊サイゾー トップ > 芸能  > 日テレ笹崎アナはまだ特別待遇?

ようやく初レギュラーの日テレ笹崎里菜アナ「まだまだ社内では“特別待遇”」のワケとは

sasazaki0807wbb.jpg日本テレビ アナウンス部公式サイトより

 ホステスのアルバイト経験を理由に一度は内定を取り消されたものの、裁判を経て和解し、今年4月に入社した、日本テレビの笹崎里菜アナウンサー。9月から日曜朝の情報番組『シューイチ』で、初レギュラーを務めることが決定した。

 入社後、笹崎アナの初単独インタビューが掲載された17日のスポーツニッポンによると、担当するのは、エンタメ情報コーナー「SHOWBIZ」。入社3年目の先輩、安村直樹アナとともに芸能情報を伝えるという。

 同紙のインタビューでは「提訴は誰かと考えた?」と聞かれると、「自分のことなので、自分で決めて、自分の意思で取った行動でした」と話したという。また「実は最初、アナウンサー室に入るのに、とても緊張したんです」と明かしたが、その後は「いろいろアドバイスをもらっているうちに距離も縮まりました。優しい方ばかりで、今はとても充実しています」としている。

「以前、別のスポーツ紙のインタビューを受けた際には、同期入社の平松修造アナ、尾崎里紗アナと一緒で、周囲には役員やら広報担当者らが集まり、緊張した雰囲気だったという。特に笹崎アナの発言に周囲が神経質になっていたというが、単独インタビューが解禁されたということは、以前のまるで“腫れ物”に触るような扱いが緩和されたようだ」(日テレ関係者)

 一方、9月から尾崎アナと平松アナも初レギュラーを務めるが、平日早朝の情報番組『ZIP!』で全国各地を取材する“フィールドキャスター”を担当。同期の3人をそれぞれ振り分けるのではなく、笹崎アナとほかの2人を分けた形になった。

「笹崎アナといえば、現在はベテランの豊田順子アナが“お目付け役”として一緒に帰路に着くなど、いまだに上層部が厳しく目を光らせている。ただでさえ注目度が高いだけに、万が一スキャンダルが出た時のことを考え、週1回出演のレギュラーにした。そうすることによって内勤の時間が増えれば、公私ともに余計なトラブルに巻き込まれるリスクが減る。ある意味の“特別待遇”だが……」(別の日テレ関係者)

 入社の経緯が経緯だけに、笹崎アナが同期の2人と同じスタートラインに立つのにはまだまだ時間がかかりそうだ。

最終更新:2015/08/19 08:00

ようやく初レギュラーの日テレ笹崎里菜アナ「まだまだ社内では“特別待遇”」のワケとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『きょうも厄日です』戦慄の日常

「厄日じゃねーか!」と思えるような悲惨な体験も...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

ホステスのアルバイト経験を理由に一度は内定を取り消されたものの、裁判を経て和解し、今年4...
写真