日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 乃木坂46齋藤、移籍の裏側

乃木坂46・齋藤飛鳥、移籍の裏にあった“大人の事情”「所属レコード会社に縁故入社で……」

asuka0824wb『乃木坂46』公式プロフィールより

 専属モデルを務めていた雑誌「CUTiE」(宝島社)の休刊に伴い、他誌への移籍がウワサされていた乃木坂46の齋藤飛鳥。乃木坂で2曲連続の選抜入りという活躍に加え、8頭身という見事なモデル体形の持ち主だけに、移籍先は引く手あまた。結局、同じ宝島社の雑誌「sweet」のレギュラーモデルになることで落着した。

 同誌はローラやAKB48・小嶋陽菜をモデルに起用し、国内最高部数の記録を持つファッション誌。17歳の齋藤は、その最年少モデルとなる。さらなる活躍が期待されているが、そこには大人の事情があったようだ。

「実際のところ『sweet』の編集長は頭を抱えていますよ。同誌のメインターゲットは20代後半の女性なのに、齋藤はまだ17歳。しかも、あの幼い顔立ちですから、誌面にそぐわない。『どうやって使えばいいのか……』と悩んでいるようです」(宝島社関係者)

 どうやら、編集部が望んで齋藤を抜擢したわけではなさそうだ。

「そもそも乃木坂の所属レコード会社ソニーミュージックと宝島社がタッグを組んで、齋藤をモデルとして売り出そうとしていたんです。『ANNA SUI』のファッションショーモデルに抜擢されたのも、その一環でした。そんな中、宝島社重役の子女がソニーミュージックに縁故入社したんです。その矢先に、『CUTiE』の休刊が決定。齋藤にしてみれば、わずか8カ月間の専属モデルとなってしまった。ところが黙っていなかったのが、ソニーミュージック。宝島社に『(重役の)娘を入社させてやったのに、どうしてくれるんだ!』と迫ったというんです。それで編集部の承認もないまま、上層部が勝手に『sweet』への移籍を決定したというウワサです」(同)

 アイドル界最小の小顔と呼ばれる齋藤だが、デカイ顔して活躍することで「大人の事情」を蹴散らしてほしいものだ。

最終更新:2015/08/25 10:00

乃木坂46・齋藤飛鳥、移籍の裏にあった“大人の事情”「所属レコード会社に縁故入社で……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

専属モデルを務めていた雑誌「CUTiE」(宝島社)の休刊に伴い、他誌への移籍がウワサされ...
写真