日刊サイゾー トップ > 芸能  > “ヤリチン”山本耕史の女遍歴

“いちずな6年愛”はデタラメ! 有名人をオトすことにこだわっていた山本耕史の女遍歴

horikita1128.jpg

「うまくやったよね」

 そう語るのは舞台関係者。売れっ子女優・堀北真希(26)をゲットしたのは、12歳年上の俳優・山本耕史(38)。2人は2009年4月期の連ドラ『アタシんちの男子』(フジテレビ系)で初共演し、以来友人関係だったというが、今年5月の舞台で急接近。関係者によると6月から交際を始め、すでに同居生活をスタートさせている。

 メディアでは、堀北をオトした山本の猪突猛進ぶりが話題に。『とくダネ!』(同)の直撃取材を受けた山本は、初共演から6年越しの片思いが実ったことをアピール。

“再会”した5月の舞台の稽古中には、堀北に約40通の手紙を渡し続け「きょうの調子はいかがですか?」など、思いやる言葉をつづったという。

 それでも返事は1通もなし。千秋楽でも連絡先を教えてもらえず「せめてオレの番号を教えさせてくれ、もう一度」とお願いし、これで「これで、あぁ、終わるんだな」と思ったというが、その夜、LINEに着信があったという。

 山本は「(新幹線で会ったときに)交際じゃなくて、もう、結婚しましょうと言いました。彼女にとって結婚が今のタイミングで、とっても大きなものだったらしく、そこに(僕の思いが)刺さったようで。交際していないですよね、ある意味」と振り返り、まさかの交際期間ゼロでの電撃結婚を果たしたという。

 だが、冒頭の舞台関係者は「6年間一途に片思いしていた? そんなわけないでしょ。彼は生来の女好き。目鼻立ちのくっきりした女性がタイプで、数年前にはスタッフのいる前で『ローラいいよね。モノにしますよ!』と、ノリノリで話していたくらい」と暴露。

 過去、山本が浮名を流した相手は松たか子や上原多香子、佐藤江梨子など美女ぞろい。同関係者は「一般人より有名人派。どれだけ大物をオトすかにアツくなっていた。必殺コースは、決まって自身の役者論を熱く語ること。美談のように報じられているけど、私に言わせれば、堀北さんが引っ掛かっちゃったイメージですね」と笑う。

 それにハマる堀北も堀北だが……。“交際期間ゼロ婚”の行く末は!?

最終更新:2015/08/28 11:21
こんな記事も読まれています

“いちずな6年愛”はデタラメ! 有名人をオトすことにこだわっていた山本耕史の女遍歴のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

舞台の創り手がみる「ガチ恋ファン」

「うまくやったよね」 そう語るのは舞台関係者。売れっ子女優・堀北真希(26)をゲットした...
写真