日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 印象も「塩顔」な坂口健太郎

「塩顔男子」坂口健太郎の印象が“薄すぎる”! どの作品に出ても話題にならない理由とは

 スタイル抜群の高身長に優しげなマスク、柔らかい物腰でモデルも俳優もこなすとなれば、あっという間に世間に浸透してもおかしくはないはず。それが顔どころか印象も“薄い”となれば、タレントとして致命的だろう。

「“塩顔男子”でいうと、森山未来や向井理、加瀬亮など、実績も知名度も上の俳優はいくらでもいますからね。坂口の外見に彼らと差別化できるほどの大きな違いやインパクトはありません。現状はまだ“モデル界の有名人”であって、“俳優”とはみなされていないんでしょう。学生や若い人ならまだしも、最近テレビに登場した坂口を知っている大人自体が少ないんですよ。今後の活躍次第でしょうね」(同)

 多くの女子たちにとって憧れの“塩顔男子”モデルも、“役者”となるとまた話が違うようだ。坂口にはぜひとも、今後出演する作品でインパクトを残し、印象だけはどんどん“濃く”してもらいたいものだ。

最終更新:2015/09/17 23:00
12
こんな記事も読まれています

「塩顔男子」坂口健太郎の印象が“薄すぎる”! どの作品に出ても話題にならない理由とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

14日、日本テレビ系の『しゃべくり007SP』に、モデルで俳優、薄めで上品な“塩顔男子”...
写真