日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『向上委員会』でホリケン不要論

視聴者が戸惑うお笑い芸人の代表格!? フジ『さんまのお笑い向上委員会』で“ホリケン不要論”が勃発

horiuchi0917所属事務所公式プロフィールより

 4月からスタートした『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)。この番組は、司会の明石家さんまを“向上長”とし、若手お笑い向上委員会メンバーらがこれからのお笑い界の傾向を探っていくというトーク番組である。しかし、初回からレギュラー出演しているネプチューンの“ホリケン”こと堀内健の評判が、ネット上では散々なのだ。

「(初回から3回までレギュラーだった爆笑問題の)太田(光)が抜けて少しマシになるかと思ったけど、ホリケンが異次元のガヤで騒ぎまくっている」
「見ていて疲れる。一度ホリケン抜きでやってほしい」
「もう、本当に、ホリケンが無理になりました」

 これからのお笑い界の傾向を探る、というテーマを掲げてはいるものの、その実は問題のホリケンによる突拍子もないボケで、まったくもって話が進まないのである。12日の放送回では、「自分のいない『向上委員会』を見てみたい」というホリケンの希望で、ホリケンの代わりにアンガールズ田中卓志が出演。トークは円滑に進み、土田晃之は「今日ちゃんとしてて、いいですね」と、ホリケン不在を歓迎するかのような発言。司会のさんまが「トーク的には、今日のほうがええの?」と尋ねると、「視聴者も、たぶんそう思ってるはずですよ」と断言した。この放送後、ネット上では、


「今日は、ホリケンがいないから見やすかった」
「ホリケンいなくてテンポ良く見られたけど、吉本ノリが強い」
「出演者のヘンな間がなくて良かった。いなくてホッとする芸人って、どうなんだろう」

と、おおむね好評の様子。

 しかしホリケンは、どの番組に出ても、あの調子なわけではない。『しゃべくり007』(日本テレビ系)などでは状況を見てボケ、また、くりぃむしちゅーの上田晋也がうまく転がしている感がある。

 処理する側の能力の問題であるなら、『向上委員会』では暴走するホリケンのストッパー役は誰一人、適任者がいない。関東芸人VS関西芸人、ひいては吉本VS他事務所の構図が中堅芸人あたりには脈々と残っているのだろう。吉本のおしゃべり上手が、ホリケンをうまく転がせていないのだから。

 ホリケン不在の『向上委員会』は確かに見やすい。しかし、どこかで聞いたようなエピソードトークばかりで、特筆すべき点がなくなったことも事実。一瞬でお茶の間を混乱させる破壊力を持つホリケンは、この番組に、疎まれながらも必要なのかもしれない。

最終更新:2015/09/18 08:00
こんな記事も読まれています

視聴者が戸惑うお笑い芸人の代表格!? フジ『さんまのお笑い向上委員会』で“ホリケン不要論”が勃発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ガーリィレコードチャンネル登場!

4月からスタートした『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)。この番組は、司会の明石...
写真