日刊サイゾー トップ > 芸能  > 藤原紀香の下手なアピールに非難

“恋愛神社参り”藤原紀香が「影響力アピール」も空振り! ニュースが出るたびバッシングの嵐……

norika.jpg『藤原紀香公式サイト』

 一連の交際報道で連日メディアを賑わせている、女優の藤原紀香と歌舞伎役者の片岡愛之助。特に藤原が愛之助と交際にいたるまでの経緯などは憶測も含め様々なマスコミで取り上げられており、ネット上でも「さすが腹黒」「注目集めたいんだね」など決して好印象は抱かれていない。

 そんな藤原が、またも“ズレた”発言をしてニュースになってしまった。きっかけは、彼女が恋愛のご利益などで有名な神社を足繁く訪ねて恋愛祈願、ついにはお礼参りに愛之助まで連れていったという女性誌のニュースであった。

 藤原は18日、この記事の内容を自身のブログで「仕事で一度行ったきりです~」と否定。ここまでは普通に記事の真偽を語っただけであるが、問題はその次のコメントである。

「ここで、言うとかないと たぶん 藤原紀香が願いを叶えた神社はここだ!なんて、話になり それを信じた女子たちがそこへ行き、効いた!だ、効かない!だ あとで、侃々諤々になったりするのイヤだから(笑)」

 自身の影響力を考えての発言だったのかもしれないが、これにネット民は大反発。「あなたには影響力なんてないと思いますが?」「なんで一流芸能人ぶってるの」「話題づくりしている感が痛々しい」と不快感をあらわにするコメントが続出した。

「まず、藤原紀香は一度、神戸の生田神社で陣内智則と結婚式を挙げて離婚していますからね。『もう神様相手してくれないよ』というコメントも目につきます(笑)。今回の交際報道でただでさえ世間からマイナスな目で見られる上に『私には世間を動かす力がある』というような発言をすれば、それは反感を買いますよ。未だ“女優”なのか“タレント”なのかはっきりしない立ち位置ですしね」(芸能記者)

 17日には、24歳のころの写真をブログに掲載し、「年齢など関係なくて、胸を張って、自分の生きてきた年輪を誇れるそんな人でありたい」と発言しているが、不用意な書き込みや勘違い発言をする人間が堂々と「44歳」と胸を張れるのか、非常に疑問である。

 片岡愛之助との熱愛に関しても世間に“応援ムード”はほぼなく、ネット上には「この2人のニュースをみるたびに気持ち悪くなる」「どんどん嫌いになる」という声も目立つ。ただ、ここまでアピールが下手だと藤原が“単なる天然”であるような気もしてくる。藤原紀香が気に入らなくてしょうがない人は、「この人は“ド”がつくレベルの天然なんだ」と自分を納得させれば、案外かわいく見えたりして……。

最終更新:2015/09/18 19:00
こんな記事も読まれています

“恋愛神社参り”藤原紀香が「影響力アピール」も空振り! ニュースが出るたびバッシングの嵐……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

一連の交際報道で連日メディアを賑わせている、女優の藤原紀香と歌舞伎役者の片岡愛之助。特に...
写真