日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 渡辺麻友はプレミアム感ゼロ!

渡辺麻友の“超プレミアム・イベント”はプレミアム感ゼロ!「本当にトップアイドルなの?」と疑問の声

mayuyu1015.jpg

 AKB48の渡辺麻友が21日、ソロでクルージングライブを行った。このライブに招待されたのは、6月にリリースされた5枚目のシングル「出逢いの続き」(Sony Music Records)のCD購入者の中から抽選で選ばれた100名の渡辺ファン……のはずなのだが、マリンルックで登場した渡辺に対するファンのリアクションはイマイチ。慣れないクルージングでのライブで緊張しているのかと気遣い、渡辺はトークで和やかな雰囲気を作ろうとするのだが、ファンは乗り切れずにいたようで「さむいライブだな」「プレミアム感ゼロ!」と、ネット上では失笑を買っているようだ。

「アコースティック・ライブということで、ファンもどう盛り上がったらいいのか戸惑いはあったのかもしれませんが、渡辺との距離はとても近く、最前列に座っていた人ならば、手を伸ばせば触れるような距離。本当のファンなら、熱狂してもおかしくないはずなのに、あのテンションの低さはちょっと異常でした。渡辺も最後には盛り上げるのを諦めたのか『眠かったら寝てもいいですよ』と冗談交じりに言ってましたから」(芸能関係者)


 今年6月に行われた「AKB48 41stシングル選抜総選挙」では3位に選ばれるなど、“トップアイドル”のはずの渡辺だが、熱烈なファンはそれほど多くはないのだろうか。それとも、AKB48の人気自体がもはや下火になってきているということだろうか?

「6月に放送された『情熱大陸』(TBS系)では、『AKBはまじめに頑張ったり、一生懸命やったり、ストイックにやったり、それが正解じゃないところ』と語り、他のメンバーの人気と実力が乖離していることを暗に仄めかすようなコメントを残して話題になりましたけど、秋元康に『正統派アイドルの美少女』といわれ、人気も実力も兼ね備えている筈の渡辺が、ソロライブでは散々な有り様ですから、AKB48の人気もいよいよ下降しているといわざるをえないでしょう」(同)

 元・プロ野球選手のアレックス・ラミレスに似ていると指摘されることも多い渡辺を“美少女”と推す、プロデューサー・秋元の審美眼と世間の審美眼のズレを指摘する声も多いようだ。AKB48の牙城が崩れる日もそう遠くないのかもしれない。

最終更新:2018/12/11 12:41
こんな記事も読まれています

渡辺麻友の“超プレミアム・イベント”はプレミアム感ゼロ!「本当にトップアイドルなの?」と疑問の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...…
写真