日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 後ろ盾なくした安藤優子がミス連発

フジテレビ『グッデイ!』の安藤優子がミス連発! 視聴率下降と“後ろ盾”なくしてヤケクソか

goody0812『グッディ!』公式サイト(フジテレビ)

 番組に飽きてしまっているのか、上昇しない視聴率に憔悴してしまっているのか……。いずれにせよ、余りに精彩を欠いているのは確かだ。

 ニュースキャスターの安藤優子が、出演する『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で“ミスを連発”していると話題になっている。

 1日、安藤は番組内の「カッツミーのがんばってるよ!あっぷっぷっ」というVTRのコーナー終了後、予定されていた天気予報コーナーを“スルーして”「今日もお付き合いいただき、ありがとうございました」と語り、番組終了時のお約束である「グッディ」のポーズで締めくくるポーズをとろうとした。周囲がキョトンとしているところで「あ、いけない!お天気忘れちゃった!」と、コンビを組む高橋克実にもたれかかりながら恥ずかしそうにし、スタジオは爆笑に包まれたのだが……。

「視聴者としては『またかよ!』と呆れ顔ですよ。29日にも三田友梨佳アナが『さあ今日は、安倍政権の大番頭(おおばんがしら)、菅義偉官房長官にお越しいただきました』と紹介したのに対し『大番頭(おおばんとう)!』と刺々しい声色で注意したんですが、まさかの三田アナの大番頭(おおばんがしら)が正しかったということで、安藤アナはエンディングで謝罪をしました。ここ数日で2回もあからさまなミスをするなんて、浮上の見えない番組に嫌気がさして、雑になっているのでは」(芸能記者)

『グッディ』といえば、放送開始から『ミヤネ屋』(日本テレビ系)にまったく歯が立たず、視聴率が一時1.1%という壊滅的な状況に陥ったフジの“凋落番組”の代表格。“ほとんど誰も見てない”番組にヤル気がなえてしまうのもいたしかたないか。

「まあ、事故だの事件だので“ハシャギすぎ”と嘲笑され、コメンテーターのような見下したコメントの多い安藤の責任も大きい。身から出た錆ですよ。これまでは不倫&略奪婚した夫の堤康一氏が『グッディ!』の制作総指揮官でしたが、番組大惨敗の末に、子会社の制作会社に代表取締役社長として異動になってしまいました。もう彼女には後ろ盾がありませんので、その内降板するかもしれませんね」(同)

 安藤の後任に滝川クリステルという情報もある。開き直った“女帝”より、「お・も・て・な・し」で株を上げたハーフキャスターのほうが視聴率は上がるかも……。

最終更新:2015/10/05 11:10
こんな記事も読まれています

フジテレビ『グッデイ!』の安藤優子がミス連発! 視聴率下降と“後ろ盾”なくしてヤケクソかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

番組に飽きてしまっているのか、上昇しない視聴率に憔悴してしまっているのか……。いずれにせ...
写真