日刊サイゾー トップ > 芸能  > 紀香と愛之助は本当に結婚するのか

本当に来春結婚するの!? “さげまん策士”藤原紀香と“女狂い”片岡愛之助に「疑いの眼差し」が集まるワケ

fujiwaranorika0529.jpgなんという策士

 度重なるゴタゴタの割には、実にあっさりと結論を出したものだ。いや、“嵐”はこれからなのか。

 歌舞伎役者の片岡愛之助と、女優・藤原紀香が、来春をめどに結婚することが分かった。2人は現在、結婚に向けての調整を行っているらしい。

 愛之助と熊切あさ美の“泥沼破局”、そして藤原紀香との密会、交際というワイドショーが大好物とするようなネタを数多く提供してくれた2人だが、双方合意の上で“ゴールイン”を決めた。特に紀香の“作戦勝ち”っぷりは相当なものだ。

「『梨園の妻』を意識した艶やかな着物を着た紀香が、愛之助との会食デートを報じられた際は “カメラ目線ばっちり”。当時スタート前だったドラマや舞台の宣伝に“撮らせた”ともっぱらのウワサです。年齢的にも再婚の思いが強い紀香としては、自身をアピールすると同時に写真をスクープされることで愛之助に“決断”を促したのかも……。とんでもない“策士”です」(芸能関係者)

 いくつもの修羅場をくぐり抜けてきた紀香にしてみれば、愛之助を“固める”ことなど造作もないということか。ただ、世間の目は冷たい。今回の結婚報道に対しネット上では「どうでもいい」「長続きする気がしない」と辛らつなコメントが並ぶ。「プライドの高い紀香が、芸能界の“勝ち組”に滑り込むための結婚に映る」という声もある。同日に発表された北川景子とDAIGOの結婚報道とは真逆の反応である。

「散々マイナスイメージをつけての結婚ですから無理もないでしょう。紀香のイメージはもともと良好ではなかったですが、一連の騒動で愛之助の印象まで地に落ちた。かつて交際していた証券アナリストの乾牧夫氏は交際発覚後に人気も仕事も急下降。元夫で芸人の陣内智則は、身から出た錆もあるとはいえテレビから一時姿を消しました。ここでも“さげまん”ぶりを露呈しましたね」(同)

 さすがに醜聞を撒き散らしすぎたか。また、2人の場合「長続きしない」以前に「本当に結婚するのだろうか」という疑いの部分もある。結婚を予定する来春まではまだ半年。数々の男を“撃墜”してきた紀香と、女に目がない“ラブリン”なら、この期間に“何か”が起こってもおかしくないのではないか。

最終更新:2015/10/08 19:42
こんな記事も読まれています

本当に来春結婚するの!? “さげまん策士”藤原紀香と“女狂い”片岡愛之助に「疑いの眼差し」が集まるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

度重なるゴタゴタの割には、実にあっさりと結論を出したものだ。いや、“嵐”はこれからなのか...
写真