日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 香里奈ドラマ惨敗にTBSの思惑

背水の陣・香里奈の主演ドラマ“大惨敗”! TBSの「黒い計算」で、今度こそテレビから消えるかも……

karina0715waku.jpg『香里奈公式サイト』

「大股開き写真」の流出で、表舞台から姿を消していた女優・香里奈の久々の主演ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)の初回視聴率が、7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかった。

 2014年、写真週刊誌に「下着で大開脚写真」を掲載された香里奈。あまりにもインパクトの大きかったこのスキャンダルを払拭すべく、今回のドラマに挑んだが、視聴率は文字通りの“大爆死”。復帰を華々しく飾るどころか自身の“オワコン”ぶりを露呈する結果となってしまった。

「遠藤憲一、美保純、原田美枝子、鈴木亮平など、キャスト陣は安心できるんですが、主演である香里奈の演技が今ひとつなのが残念ですね。内容も重病にかかってしまった女性の結婚式までの話ということで、同局が制作に関わった映画『余命1ヶ月の花嫁』を連想させます。彼女の“大開脚”イメージ以前に、ドラマとして『どこかで見た感』の強い作品です。しかも放送時間の“火10”は、最近結婚した堀北真希主演で評判も視聴率も最悪だった『まっしろ』の枠。もともと高視聴率の望めない“捨て枠”なんです。TBSとしては、すべての責任を香里奈に押し付けてこの枠を撤廃させる気なのかもしれません」(芸能記者)

 雑誌『GINGER』(幻冬舎)で表紙を飾りモデル復帰したときは、応援の声が非常に多かったのだが、ドラマとなると話が違うようだ。ネット上ではすでに『打ち切り待ったなし』の声が散見されている。復帰作でいきなりミソがついてしまった今、彼女のお先は真っ暗では……。

「雑誌やドラマへの出演で問題となるのはやはりスポンサーです。イメージを地に落とした香里奈が主演でドラマに出るには、スポンサーを説得することが必要でした。『結婚式の前日に』は病と家族をテーマにした感動ストーリーで、お色気路線よりはスポンサーも納得しやすい企画だったことは間違いありません。ただ、肝心の数字がついてこないとなると、広告を出す側も『やはり香里奈出演ではプロモーションにならない』と手を引いてしまう可能性もあります。最悪の場合、今度こそ彼女をテレビで見る機会がなくなるかも……」(同)

 ドラマを作るにも“カネ”は必要だ。金銭の集まらない企画を何度も出すわけにはいかないだろう。『結婚式の前日に』はまだ1話が終了したのみだが、近年のドラマの傾向を見ると、7.7%というスタートから視聴率を浮上させるのは至難の業だ。香里奈の苦難の道のりは、まだまだ果てしない。

最終更新:2015/10/15 23:00
こんな記事も読まれています

背水の陣・香里奈の主演ドラマ“大惨敗”! TBSの「黒い計算」で、今度こそテレビから消えるかも……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

「大股開き写真」の流出で、表舞台から姿を消していた女優・香里奈の久々の主演ドラマ『結婚式...
写真