日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 「負け組ドラマ」が香里奈に肉薄

振り向けば香里奈!? 「負け組冬ドラマ」が『結婚式の前日に』をバカにできない理由

karina0508-main.jpgいいドラマと評判です

 2015年の冬ドラマも終盤戦。前半は軒並み高視聴率を記録した今クールだが、ここへきてはっきりと“明暗”が分かれてきた格好だ。

 圧倒的な強さを見せるのは、日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)だ。初回の16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区 以下同)から視聴率は上昇傾向で、第5話は世界野球『プレミア12』の「日本対ベネズエラ」の高視聴率も手伝って20.2%と大台を記録。第2部に入った第6話でも17.8%と好調を継続し、クール首位は堅い状況にある。

 石原さとみと山下智久主演の『5→9』(フジテレビ系)、天海祐希主演の『偽装の夫婦』(日本テレビ系)は初回から2ケタキープしてはいるものの大きな上昇はなし。今後は最後まで10%台をキープできるかの勝負といったところだろう。ここまでが、今クールドラマの一応「勝ち組」といえる。

 だが、それ以外のドラマには、徐々に暗雲が……。

「『掟上今日子の備忘録』『エンジェル・ハート』(ともに日本テレビ系)は、後半に入って1ケタを連発。『エンジェル・ハート』は22時半という放送時間帯ということでまだ言い訳もききそうですが、新垣結衣のシャワーシーンやルックスしか話題にならない『掟上』は21時からというゴールデンタイムなだけに、特に第6話の7.6%は苦しい数字。もともと『視聴率が取れない女優』の一人として不安視されていた新垣ですが、好調であるはずの日本テレビ系ですでに“コケ”寸前の状況というのは、非常にマズいかも……」(芸能記者)

 21日放送の第7話は9.3%の『掟上』だが、一度下がった視聴率を再浮上させた例が近年のドラマではあまり見られないため、先行きは暗い。

 同じく、西島秀俊主演の『無痛』、篠原涼子『オトナ女子』(ともにフジテレビ系)も明るい話題は極めて少ない。『オトナ女子』にいたっては、フジの木曜22時枠史上初の「全話」1ケタという惨状すらあり得る状況だが、ここのところとにかく嫌われているフジテレビのせいという意見も多く、役者陣に責任はないと見る向きもある。

 ただ、このままでは同クール最大の“ハンデ”を背負ったドラマにも肉薄されかねない作品が多いと、記者は指摘する。


12
こんな記事も読まれています

振り向けば香里奈!? 「負け組冬ドラマ」が『結婚式の前日に』をバカにできない理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

2015年の冬ドラマも終盤戦。前半は軒並み高視聴率を記録した今クールだが、ここへきてはっ...
写真