日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 米倉涼子『家政婦』振るわずで…

米倉涼子、1年ぶりの出演ドラマ『家政婦は見た!』振るわず! テレ朝内外から『ドクターX』待望論

yonekura1210.jpg

 昨年末、2歳年下の一般人男性と結婚し、妊活のため、今年のスケジュールを白紙にしていた米倉涼子。

 その後、結婚生活はあっさり破綻し、即別居。離婚問題がなかなか解決しない中、米倉は12月5日に放送されたドラマスペシャル『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)で、1年ぶりにドラマ主演した。だが、視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とイマイチ振るわず。同ドラマシリーズの前回放送(14年3月2日)は17.4%で、大きく数字を落としてしまった。


 同時間帯を制したのは、意外にも土曜プレミアム『中居正広のプロ野球 珍プレー好プレー大賞~安心してください!33年分ありますよSP』(フジテレビ系)で、15.3%の高視聴率をゲット。

 他局では、NHK総合『Jリーグ チャンピオンシップ・決勝第2戦 サンフレッチェ広島対ガンバ大阪』が10.4%。日本テレビ系『掟上今日子の備忘録』、TBS系『日立 世界ふしぎ発見!』、テレビ東京系『出没!アド街ック天国』は、いずれも1ケタ。TBS系『新・情報7daysニュースキャスター』は11.2%で、『家政婦は見た!』は同時間帯でフジに次いで2位だったが、米倉の1年ぶりの出演ドラマとしては、やや寂しい数字だ。

 こうなると、やはりテレ朝内外から、『ドクターX~外科医・大門未知子~』待望論がまたぞろ湧き起こってきそうだ。同ドラマは第1シリーズ(12年10月期)で平均19.1%、第2シリーズ(13年10月期)で平均23.0%、第3シリーズ(14年10月期)で平均22.9%の高視聴率を取っており、視聴者の支持も高い。

「米倉自身、一度は『ドクターX』に幕引きしたものの、離婚問題からのイメージ回復を図る必要に迫られている。健在ぶりをアピールするには、『ドクターX』は格好の作品。テレ朝は今年10月期の木9枠で、『ドクターX』の代わりに、向井理主演の『遺産争族』を放送しましたが、10%を取るのが精いっぱいで、なんとしても『ドクターX』を復活させたいところ。すでに双方合意し、来年4月期の放送で内定したとの情報もあります。時期がずれることはあるかもしれませんが、来年やることに間違いなさそうです」(テレビ関係者)

 果たして、大門未知子は帰ってくるのか? やはり、「私、失敗しないので!」の名ゼリフを、また聞きたい!
(文=森田英雄)

最終更新:2015/12/10 12:00
こんな記事も読まれています

米倉涼子、1年ぶりの出演ドラマ『家政婦は見た!』振るわず! テレ朝内外から『ドクターX』待望論のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

昨年末、2歳年下の一般人男性と結婚し、妊活のため、今年のスケジュールを白紙にしていた米倉...
写真