日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 浅田真央“引退説”が書けないワケ

浅田真央に“引退説”浮上も、マスコミが書けないワケ「連盟にとって収益の根幹……」

asada1215

 浅田真央に“限界説”が浮上している。フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場した浅田が、まさかの最下位に沈んだ。女子SP3位からの逆転を狙ったが、12日のフリーでミスを連発。125.19点と伸び悩み、出場7度目で初めて表彰台を逃した。

 その後、浅田は「胃腸炎」と診断を受け、エキシビションを欠場し帰国。フィギュア担当記者は「フリーの演技後、ホテルで気分が悪くなったようだ。連戦による疲れや、さまざまなプレッシャーがあったのだろう」と推察する。


 浅田は演技後「何かが違うんですかね。全部失敗したくない、やらなきゃ、やらなきゃという気持ちが強すぎるのかもしれない。空回りしているのかな」と涙をこらえながら語っていた。

 女子フィギュアでは“ポスト浅田”に17歳の宮原知子が台頭。GPファイナルで初出場2位という好成績を挙げた。世代交代も進んでいることから、浅田には「限界」「引退」という声もチラホラ聞こえてくるが……。

「フィギュア界で、彼女は宝。日本スケート連盟においては、収益の根幹でもある。仮に限界であっても、スポーツ紙はスケート連盟から取材禁止を食らうのが怖いから『引退』の二文字は決して打てない」とはワイドショー関係者。

 週刊誌も他社の動きをうかがっている状況だ。某週刊誌デスクは「真央ファンは熱狂的で、下手な記事を書くと抗議電話がやまないんです。7月に『週刊新潮』が真央ちゃんの父親が逮捕されていたことを報じた時も、編集部にはファンから『真央ちゃんは関係ないじゃないの!』『ふざけた記事書いてんじゃねぇ!』といった抗議電話が殺到。その日は全く仕事にならなかったとか。不買運動にもつながりかねないので、各社とも慎重になっていますね」と明かす。

 熱狂的ファンのためにも、浅田には、もうひと花咲かせてもらいたいものだが……。

最終更新:2015/12/16 12:10
こんな記事も読まれています
関連キーワード

浅田真央に“引退説”浮上も、マスコミが書けないワケ「連盟にとって収益の根幹……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

浅田真央に“限界説”が浮上している。フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出...
写真