日刊サイゾー トップ > 芸能  > KARA解散、原因は日本偏向か

KARA解散へ! 韓国より日本偏向で陥った窮地「K-POP人気の底の浅さが……」

KARA解散へ! 韓国より日本偏向で陥った窮地「K-POP人気の底の浅さが……」の画像1『KARA THE 4th JAPAN TOUR 2015“KARASIA”(初回限定盤)』(ユニバーサルミュージック)

 K-POPガールズグループKARAの解散が確実になった。所属事務所DSPメディアが、メンバーのギュリ、スンヨン、ハラの3人との専属契約を、1月15日をもって終了すると発表したのだ。

「ハラとスンヨンは歌手としてではなく、女優としての活動を望んでおり、移籍先を探しているそうです。特にハラは、ペ・ヨンジュンの所属事務所キーイーストとすでに接触していると報じられており、移籍はほぼ間違いないとみられています」(芸能ライター)

 DSP側は解散報道を否定していたが、グループが2月まで化粧品メーカーとCM契約を結んでいるため、去就を明確にできないという見方が有力だった。

「メンバーで唯一、契約が残るヨンジにしても、自身のインスタグラムのプロフィールとアカウント名から『KARA』の4文字を削除していましたからね。もはや、解散は既定路線となっていました」(同)

 KARAといえば、K-POPブーム華やかなりし頃は、少女時代と共にブームを牽引した存在。母国の韓国よりも日本での人気が高く、日本で多くの歌番組に出演するだけでなく、主演ドラマまで制作・放送されたほど。

「韓国ではアイドルといえども、歌やダンスの技量が求められます。そうした資質に欠けたKARAの人気は、本国では一過性のものでした。しかし、スキルのなさという彼女たちの欠点はどこか日本のアイドルを思わせ、多くの日本人ファンが親近感を覚えたため、本国では完全に水をあけられた感のあった少女時代を、日本では凌駕することができたのです。そんなこともあって、近年のKARAは活動の軸足を日本に移していました」(同)

 だが、彼女たちにとって誤算だったのは、日本でのK-POPブームが終焉してしまったことだろう。また、2014年にメンバーだったニコルとジヨンが脱退したことも、少なくないダメージを与えたに違いない。

「日本での活動に特化しすぎたことが、あだとなった格好です。K-POPブームは日本では廃れたものの、中国や東南アジアではいまだ健在です。少女時代をはじめ、多くのK-POPアイドルが活動の場を移していったのに対し、KARAはその流れに乗ることができなかった。加えて、脱退したジヨンが知英と改名して、日本のドラマや映画に女優として引っ張りだこなのも、メンバーとしては忸怩たるものがあるのでしょう。ブームが終わってしまえば、K-POPアイドルの“称号”も、ただの足かせにすぎません。KARAが解散することによって、いち外タレとして、活動の幅が大きく広がりますからね。特に、日本での人気が高いハラなどは、そうした思いが強いはずです」(同)

 ブームなんてそんなもの、といってしまえばそれまでだが、KARAの凋落は、今さらながらK-POPの底の浅さを感じさせる。

最終更新:2017/05/15 17:27

KARA解散へ! 韓国より日本偏向で陥った窮地「K-POP人気の底の浅さが……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

K-POPガールズグループKARAの解散が確実になった。所属事務所DSPメディアが、メン...
写真