日刊サイゾー トップ > 芸能  > 森川葵はただの“個性派女優”ではない 『いつかこの恋を〜』で期待される役者としての地力

森川葵はただの“個性派女優”ではない 『いつかこの恋を〜』で期待される役者としての地力

【リアルサウンドより】

 森川葵といえば、風間志織監督の『チョコリエッタ』では、進路調査に「犬になりたい」と書いた宮永知世子役で丸坊主姿を披露し、加藤綾佳監督の『おんなのこきらい』では、自らをカワイイと公言して憚らないキリコ役を務めるなど、個性的で強烈なキャラクターをたくさん演じてきたイメージがある。

 しかし、去年11月に公開された映画『通学シリーズ 通学途中』では、そうしたイメージとは異なる姿を披露してくれた。この映画で森川は、内気な性格の高校生ユキ役を演じていて、恋に不器用で、人に自分の気持ちを上手く伝えられないというユキのキャラクターを上手く表現していた。正直、これまで森川が演じてきた役と比べれば、強烈なインパクトがあるわけではない。だが、そんなインパクトに頼らずとも、ひとつひとつの表情や仕草で感情の機微を表現しきっていた姿は、とても印象的だった。

 また、去年フジテレビにて放送されたドラマ『テディ・ゴー!』での山瀬和子役も良かった。物語は、フリーターの山瀬和子が、刑事だった天野康雄の魂が宿ったクマの編みぐるみと共に、天野が生前に捜査していた事件の解決に挑むというもの。このドラマで森川は、酔っぱらいすぎてリバースしてしまったり、バイト中にむしゃくしゃして着ぐるみに八つ当たりするなど、コメディエンヌとしての可能性も感じさせる姿を披露した。振りきれたところと平凡なところを織り交ぜたような演技も新鮮だった。

 これまでの森川は、振りきれた個性的な役を演じられるところで“実力派”と言われてきたように思う。しかし、このような一面ばかりがフィーチャーされることで、森川が元来持つ演技力そのものになかなか注目がいかないことに、筆者はもどかしさを感じていた。もちろん、他の役者なら躊躇してしまうであろう個性的な役を演じきれるのは魅力のひとつだ。とはいえ、振りきれた役柄だけでなく、どこにでもいそうなリアリティのある役柄を演じられるのも、森川の大きな武器だろう。森川は、キャラクターの個性に頼ることなく、役柄の設定をしっかり読みとり表現するという、役者としての基礎体力でも勝負できるのだ。


12

森川葵はただの“個性派女優”ではない 『いつかこの恋を〜』で期待される役者としての地力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真