日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 鑑定団騒動は石坂側のリーク?

降板騒動の裏でちゃっかり新番組をゲット! すべては石坂浩二サイドのリークだった?

ishizaka0201

 大物俳優・石坂浩二が、3月末で『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)を降板することが正式決定した。

 20年間近く司会を務めた功労者だが、晩年はなんとも切ないものに……。ここ2年間、発言シーンはことごとくカットされ、ほとんど空気のような扱いだった。

 背景にあるのは、番組プロデューサーX氏との確執。一部スポーツ紙では、10年前の初対面時からソリが合わず、酒席で泥酔したX氏が石坂に高圧的な態度を取り、石坂が「なんなんだ、おまえは!」と応酬したという報道もあった。

 こうしたパワハラまがいの手法に、小倉智昭は『とくダネ!』(フジテレビ系)で「こんなのは不自然すぎるでしょ!」と猛批判。ダウンタウンの松本人志も『ワイドナショー』(同)で「これだけのビッグスターになった方が、こんなイジメみたいなことに遭うの?」と目を丸くした。

 各メディアも石坂擁護の論調ばかりだが、果たして本当に被害者なのか? 他局のディレクターは「石坂さんサイドの作戦勝ち」と断言。今回の騒動は、1月26日発売の「女性自身」(光文社)でスクープされ、その後、スポーツニッポンを中心に続報が相次ぎ、世論形成されたが「そもそもリークしたのは石坂サイド。『鑑定団』降板が濃厚と見るや、これまでの腹いせにマスコミに情報を流した。記事では、石坂の所属事務所はノーコメントということになっていますが、裏ではスポニチを中心に事務所社員が『じゃんじゃん書いちゃって!』とハッパをかけていました」(事情通)という。

 当の石坂も、フジテレビの取材に「たとえ(トラブルを)感じることがあっても、私個人の問題」とコメント。大人の対応に徹しているように見えるが「もともと火をつけたのは、自分ですからね。そのあたりは、さすが役者ですよ」(同)。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed