日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元同僚・野村氏に読売の圧力?

「キヨにシャブを回した」うさんくささ満点の元同僚・野村貴仁氏に読売の圧力が!?

kiyohara021602

 覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者の“シャブ歴”を知るキーマンとして、このところメディアに引っ張りダコなのが、巨人時代の元同僚・野村貴仁氏だ。久々に公の場に登場した野村氏は、現役時代とはまるで別人。ボサボサ頭に長いヒゲ、うつろな表情は、かなりの衝撃度だった。

 これだけでも違法薬物乱用とその後の転落人生を表す“教科書”のようなものだが、発言も「巨人時代からあいつ(清原容疑者)は(覚せい剤を)やっていた」「(覚せい剤を使ったから)3試合連続でホームラン打ったんですよ」と過激極まりない。


 ただ、11日放送のフジテレビ系『とくダネ!』では、野村氏の言動を「各メディアでの証言は、そのたびにニュアンスが異なる」と紹介したように、ところどころつじつまが合わない部分があるようだ。取材記者の話。

「最大の売り文句である『俺が清原に覚せい剤を渡していた』という言葉はすぐに出てくるが、具体的な時期や渡し方を聞くと、口ごもる時がある。また、1時間のインタビューで同じ話を何度もする。あくまで自分のペースで話を進め、気分を害すと途端に話をやめることもある」

 メディアは野村氏に1回数万円の謝礼を支払っており、この期間だけでもかなりのギャラを手にしたことになる。

「味を占めたのか、最近はネタを小出しにしてくる。『すべてしゃべれば、本1冊になる』と暴露本出版を暗に持ちかけることもある」(ワイドショー関係者)

 テレビ出演を狙っているのか、12日には白髪交じりのヒゲをすべて剃り、野球のボールを持って取材に答えるセルフプロデュースぶりだ。ただ、ここ数日は、メディアの取材に「(清原容疑者の)公判が終わってからしゃべります。今は、あまりうかつなことを言える立場ではない」と“貝”になることもしばしば。

 その舞台裏について球界関係者は「野村氏の告白に、読売グループが怒り心頭のようだ。一連の暴露は『巨人軍は紳士たれ』の教えを完全に冒涜している。野村氏には、第三者を通じて『余計なことしゃべるな』と圧力がかかったという情報もある」と話す。

 裏を返せば、まだまだ驚愕の事実が隠れているということなのか……。球界の“闇”は想像以上に深い――。

最終更新:2016/02/16 12:00
こんな記事も読まれています

「キヨにシャブを回した」うさんくささ満点の元同僚・野村貴仁氏に読売の圧力が!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

港区女子ひとみんの人生観とは?

覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者の“シャブ歴”を知るキーマンとして、このとこ...
写真