日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 桂文枝「年収3年分」の慰謝料!?

“34歳差不倫”のケジメ……桂文枝、演歌歌手・紫艶に「年収3年分」の慰謝料支払いも!?

sanshi0302『六代桂文枝ヂカラ 「桂三枝」のその先へ』(マガジンハウス)

 落語家・桂文枝が大ピンチだ。34歳下の演歌歌手・紫艶から20年間の不倫愛を週刊誌で告白され、所属事務所の吉本興業は「交際の事実はない」と否定し、文枝本人も「娘という感じで応援した。10年か12年かくらい会ってなかった」としたが、男女関係にあったとしか思えない写真やLINEなど証拠の数々が伝えられ、当の紫艶にも「(文枝と)最後に会ったのは2カ月前」と、つい最近まで交際していたことを明かしながら反論されてしまった。

「交渉がこじれたっぽい」

 そう語るのは、吉本の関係者だ。

「この話が持ち上がってから、文枝さんを気遣って、紫艶には黙ってもらうよう交渉した人がいたみたいです。吉本の人間ではない年配の方で、昔、大ベテラン漫才師の不祥事を表沙汰にすることなく収めたことがあるトラブル対処の達人で、文枝師匠のためならと独自に動いたそうなんですが、紫艶のほうは『お金よりも、自分が付き合った年月を世に残したい』みたいな姿勢で、取り合ってもらえなかったとか」(同)

 この件では、吉本に気を使うワイドショーやスポーツ紙などが、こぞって文枝を擁護。「昔に別れていたのに、お金に困って話を売ったのでは」という紫艶に対する売名行為的な見方をしていたが、これに当の紫艶が激怒。マスコミの擁護は逆効果だった。

 当初、パソコンの故障で私的な内容が漏れたと被害者的に話していた紫艶だったが、擁護報道後にはメディアに積極的に文枝との関係を暴露。自身の芸能界引退と引き換えに、文枝から「ひろりん」と呼ばれ、千利休役で出演する今年の大河ドラマ出演を明かすLINEのやりとりまで公開し、まさに直近まで交際があったことを証明してしまった。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed