日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松方弘樹&梅宮辰夫、本当の病状は

松方弘樹に梅宮辰夫、昭和の大スターが直面する体調問題……本当の病状は?

松方弘樹に梅宮辰夫、昭和の大スターが直面する体調問題……本当の病状は?の画像1

 昭和の2大スターの体調が芳しくないようだ。

 俳優の松方弘樹(73)は脳腫瘍の疑いで長期療養に入り、梅宮辰夫(77)はインフルエンザをこじらせ、自立歩行もままならないほど弱っているという。

 脳腫瘍であることを公表した松方は2月25日、針などで患部の一部の細胞を取り出して検査する「生検」を実施。今月2日になって、「脳リンパ腫」だったことがわかった。業界関係者は「病状はかなり深刻と聞いている。腫瘍が(手術で)取りづらい場所にあるのもそうだが、報道されている以上に進行している」と明かす。

 病床の松方は普段通り会話ができ、病院食では飽き足らず、好物のビフテキサンドをほおばっているそうだが、医療関係者によると「すでに長期療養が決まっている時点で『あれ?』と思っていました。一般的な脳腫瘍は手術直前に入院し、術後の経過が良ければ退院するのが今の医療です。おそらく今後は腫瘍を切除するのではなく、放射線治療を行うのでしょう」。

 放射線治療は体の負担が大きく、それが原因で一気に病状が悪化するケースもあるだけに心配だ。

 “辰兄”の愛称で親しまれる梅宮もインフルエンザをこじらせ、弱りきっている。

 梅宮は2月28日、昨年12月に死去した元「安藤組」組長で俳優の安藤昇さんのお別れの会に出席。献酒の挨拶に立ち「昭和のスターがいなくなった。そちらの世界でもお元気で」と遺影に語りかけたが、その姿は痛々しいものだった。

 足を引きずり、歩行補助器を使って現れ、予定していた囲み取材はキャンセル。一緒に参列した芸能関係者は「インフルエンザによる高熱で、今にもぶっ倒れそうな中、『お世話になった方なので』と、男気を見せて駆けつけたそうだ。帰りの車に乗り込む際は、息も絶え絶え。限界ギリギリだった」と明かす。

 病気もそうだが、心配なのは持病の腰痛だ。この日は歩行補助器を押さなければ前に進めない状態。梅宮と付き合いのあるスポーツ紙記者は「おととし11月に高倉健さんが亡くなった時、梅宮さんは自宅でマスコミ取材に応じたが、その時点で足をひきずっていた。階段は、手すりを使ってゆっくり時間をかけないと昇降できない状態。そこから、さらに悪化したのだと思う。自宅には車イスもあるそうだ」と話す。

 70歳を過ぎれば肉体が衰えるのは、ごく自然なこと。力強い昭和スターの意地を見せようとするのではなく、とにかく今は治療に専念してもらいたい。

最終更新:2017/05/16 19:11
こんな記事も読まれています

松方弘樹に梅宮辰夫、昭和の大スターが直面する体調問題……本当の病状は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

昭和の2大スターの体調が芳しくないようだ。 俳優の松方弘樹(73)は脳腫瘍の疑いで長期療...
写真