日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 月9『ラヴソング』ワースト2位発進

福山雅治『ラヴソング』初回10.6%スタート! ワースト2位発進で“フジ月9”通年1ケタの可能性も

lovesong0412フジテレビ系『ラヴソング』番組サイトより

 福山雅治主演のフジテレビ月9ドラマ『ラヴソング』が11日に初回放送を終え、平均視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。月9枠の初回視聴率としては、昨年夏クールに福士蒼汰・本田翼出演で放送された『恋仲』の9.8%に次ぐ“ワースト2位”の記録。同枠は昨クールの『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が全話平均視聴率9.7%と史上最低を記録しており、いよいよ枠そのものの“消滅”が現実味を帯びてきた。

「『いつ恋』の初回は11.6%と、『ラヴソング』より上でした。ということは、『ラヴソング』が史上最低記録を更新する可能性は大いにあるということ。フジとしては、同じ福山主演で全話平均21.9%を記録した『ガリレオ』と同じチームを敷き、満を持しての勝負作。このスタートは想定外だったのでは?」(制作会社関係者)


 だが、そんなフジ局内とは対照的に、業界内での『ラヴソング』に対する評価は、放送前から芳しいものではなかった。ヒロインを務める藤原さくらは、福山と同じアミューズに所属するド新人。同作のヒロイン選定にあたっては、形式的にオーディションが開催されたものの、事実上のバーターであることは明らか。

「逆にいえば、フジとしてはアミューズにそこまで譲ってでも福山をツモりたかった(起用したかった)ということ。いわば、シリーズを通して好評だった『ガリレオ』の幻影を追ったわけです。しかし、言うまでもないことですが、『ガリレオ』の高評価はミステリーとしての本筋の魅力があったからこそ。『ガリレオ』チームで福山なら、というフジならではの企画の安直さが裏目に出ましたね。しかも福山は吹石一恵との結婚で、ファン層もボヤけてしまいましたし……」(同)

 なお、『ラヴソング』の次の7月期の同枠は「桐谷美玲主演のオリジナルドラマで調整が進んでいる」(同)という。どうやら、月9枠の視聴率“通年1ケタ”の可能性もありそうだ。

最終更新:2016/04/12 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed