日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 元・読売アナがNHKキャスターに

見え見えの出来レース!? “元・読売テレビの水トちゃん”増井渚アナが、NHK報道キャスターに大出世

nagisamasui.jpgセントフォース公式サイトより

 3月いっぱいで大阪・読売テレビを退社し、セントフォース入りしていた増井渚アナ(24)が、いきなりNHKの報道キャスターとなり、関係者を驚かせている。

 増井アナは4月4日より、NHK BS1の『国際報道2016』(月~金曜午後10時~)のサブキャスターに就任したのだ。同番組のMCは俳優・田中邦衛の長女で、シドニー支局長、ワシントン支局長などを歴任したNHK国際部デスクの田中淳子氏が務めている。

 癒やし系で、系列の日本テレビ・水ト麻美アナに雰囲気が似ていることから、“読売テレビの水トちゃん”と呼ばれていた増井アナ。地方局アナながら、『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』『ウエークアップ!ぷらす』と2本の全国ネットのレギュラーを持っていたが、キャリアはわずか2年。フリーとなっての東京進出には首をかしげる向きも多かったが、退社時にあたってのコメントで「報道キャスター」を志望していたこともあり、“出来レース”との声が出ている。

「在京キー局の女子アナでも、2年でフリー転身はまずあり得ません。ましてや地方局アナとなると、言わずもがなです。それでも退社後、即レギュラー獲得。しかも、帯番組ですから、かなり早い段階で出演が決まっていたことになります。本格的に報道番組を担当した経験もありませんし、事務所の力でNHKにねじ込んだのでしょうね。BSなのでギャラは安いですが、帯なのでバカにはなりません。進行ぶりが評価されれば、山岸舞彩キャスターのように、NHK BSから地上波に抜擢されて、ブレークを果たす可能性も秘めています」(テレビ制作関係者)

 知名度はイマイチな増井アナだが、なにより若さと、そこそこのルックスを持ち合わせているのは魅力。無謀とも思える2年でのフリー転身だが、1年後には大化けしているかも?
(文=森田英雄)

最終更新:2016/06/01 13:12
こんな記事も読まれています

見え見えの出来レース!? “元・読売テレビの水トちゃん”増井渚アナが、NHK報道キャスターに大出世のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

3月いっぱいで大阪・読売テレビを退社し、セントフォース入りしていた増井渚アナ(24)が、...
写真