イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

元貴乃花親方ファミリーがお騒がせ中!

元貴乃花親方と景子さんは離婚、優一はパワハラ騒動…一体どうなってるの!?
写真

人気連載

瓜田純士『ゴッドカウンセラー』って!?

自らを神と名乗る瓜田純士(39)が、 YouTu...…
写真

ドラマレビュー

錦戸亮『トレース』は“胸キュン”ドラマ!?

 2019年1発目の月9ドラマ、『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が1月7日...…
写真


 >  >   > マリガンと浜口京子の不思議な縁

「あのとき、イスで殴らなければ……」ブラックジャック・マリガンと浜口京子をめぐる不思議な縁

hamaguchi0417

「彼がいなかったら、浜口京子は存在していなかった!」

 アメリカの人気プロレスラーの死に、日本の古いプロレス関係者から意外な話が飛び出た。4月7日(現地時間)、アメリカのプロレス団体「WWE」が伝えた往年の元レスラー、ブラックジャック・マリガンことロバート・デロイ・ウィンダムの死。最近は心臓発作で入院していたというマリガンさんは73歳だったが、プロレス関係者の口からはレスリング選手「浜口京子」との意外な接点が明かされたのだ。

 マリガンさんは元アメリカンフットボール選手で、1967年にプロレスラーに転向。身長2メートル、黒いカウボーイハットと口ヒゲで西部劇のスタイルで人気となり、たびたび来日もしていた。70年12月に初来日したときのことを、当時存在した団体「国際プロレス」の元関係者が証言した。

「マリガンは台東区体育館(現・台東リバーサイドスポーツセンター)で行われたラッシャー木村とオックス・ベーカー(ともに故人)の金網デスマッチで、ベーカーのセコンドに付いていたんだけどね、ベーカーが劣勢になると金網の中にパイプイスを投げ入れて加勢したんだよ。ベーカーがそれで木村の左足を殴って、複雑骨折させてしまった。試合後、木村は浅草の病院に入院していたんだけど、黙って寝ていられなくて、後輩のアニマル浜口を連れて行きつけの小料理店へ行った。そこにいた看板娘が、浜口の現在の奥さま、初枝さん。浜口が彼女にひと目惚れして結婚、後にレスリングの五輪メダリストとなる京子ちゃんが生まれたってわけ。つまり、マリガンがあのとき金網にイスを投げていなければ、京子ちゃんはこの世に生を受けていなかったのさ」

12
こんな記事も読まれています

「あのとき、イスで殴らなければ……」ブラックジャック・マリガンと浜口京子をめぐる不思議な縁のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲