日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > マリガンと浜口京子の不思議な縁

「あのとき、イスで殴らなければ……」ブラックジャック・マリガンと浜口京子をめぐる不思議な縁

hamaguchi0417

「彼がいなかったら、浜口京子は存在していなかった!」

 アメリカの人気プロレスラーの死に、日本の古いプロレス関係者から意外な話が飛び出た。4月7日(現地時間)、アメリカのプロレス団体「WWE」が伝えた往年の元レスラー、ブラックジャック・マリガンことロバート・デロイ・ウィンダムの死。最近は心臓発作で入院していたというマリガンさんは73歳だったが、プロレス関係者の口からはレスリング選手「浜口京子」との意外な接点が明かされたのだ。

 マリガンさんは元アメリカンフットボール選手で、1967年にプロレスラーに転向。身長2メートル、黒いカウボーイハットと口ヒゲで西部劇のスタイルで人気となり、たびたび来日もしていた。70年12月に初来日したときのことを、当時存在した団体「国際プロレス」の元関係者が証言した。

「マリガンは台東区体育館(現・台東リバーサイドスポーツセンター)で行われたラッシャー木村とオックス・ベーカー(ともに故人)の金網デスマッチで、ベーカーのセコンドに付いていたんだけどね、ベーカーが劣勢になると金網の中にパイプイスを投げ入れて加勢したんだよ。ベーカーがそれで木村の左足を殴って、複雑骨折させてしまった。試合後、木村は浅草の病院に入院していたんだけど、黙って寝ていられなくて、後輩のアニマル浜口を連れて行きつけの小料理店へ行った。そこにいた看板娘が、浜口の現在の奥さま、初枝さん。浜口が彼女にひと目惚れして結婚、後にレスリングの五輪メダリストとなる京子ちゃんが生まれたってわけ。つまり、マリガンがあのとき金網にイスを投げていなければ、京子ちゃんはこの世に生を受けていなかったのさ」


12

「あのとき、イスで殴らなければ……」ブラックジャック・マリガンと浜口京子をめぐる不思議な縁のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

「彼がいなかったら、浜口京子は存在していなかった!」 アメリカの人気プロレスラーの死に、...
写真